読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

気まぐれつけ麺メモ⑦~門前仲町「麺屋 純風」

忘れてしまう前に備忘録的に記しておこうと思います。 門前仲町駅から徒歩7,8分ほど、葛西橋通り沿いにある「麺屋 純風」。 隣にはラーメン通にはかなり有名らしい「こうかいぼう」があります。 会社のすぐそばなので前から一度は行ってみたいと思ってい…

1月に観た映画あれこれ

少し遅くなりましたが毎月恒例の映画鑑賞まとめです。「イット・フォローズ」「クリムゾン・ピーク」「マイ・ファニー・レディ」「リザとキツネと恋する死者たち」観に行けなかった映画が累々と積み重ねられていく。1月映画館で観ることができたのは、うちの…

「新春えびすリアリズム展」を観に行ってきました

先日渋谷のPARCO MUSEUMで開催されていた「新春えびすリアリズム展」を観に行ってきました。蛭子能収氏の本業(?)であるマンガやイラストを、デビュー作から展覧会のために請われて描いた近作まで集めた、かなり濃密な回顧展。もともとは2011年に蛭子能収氏…

「未体験ゾーンの映画たち2016」で「スタング」を観ました

今年もヒューマントラストシネマ渋谷では「未体験ゾーンの映画たち」が開催しています。アクション、スリラー、ホラー、コメディなど世界各国のジャンル映画が揃いも揃って50本!とてもじゃないけど全てを観ることはできません。毎年1〜2本しか観れていない…

気まぐれつけ麺メモ⑥〜三田製麺所「生姜つけ麺」

先週、今年のつけ麺初めに、ぼくにとっては定番の三田製麺所へ行ってきました。普通のつけ麺を注文しようと思っていたのですが、新メニューのポスターを見て反射的にそれに決めてしまいました。生姜つけ麺。まだ風邪気味だったのもあり、身体によさそうだな…

「映画ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」は多幸感溢れる傑作!

仕事初めから風邪気味でぐずぐずと引きずっています。少しでも睡眠時間を取りたいところです。ところが深夜帰宅したらリビングに「映画ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」のDVDがありました。どうやらうちの子がTSUTAYAでレンタルしてきたらしい。…

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」で2016年最初の映画初め(DVD鑑賞)

今年最初に観た映画は、DVD鑑賞ですが、ジョン・ファヴロー監督「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」でした。新年最初の一本、安定の面白さ、楽しさを求めたところ真っ先に本作が浮かびました。残念ながら、昨年映画館では見逃してしまい、その後レン…

タクシーのラジオからWけんじの漫才が聞こえてきたので

昨日が仕事初めだったのですが、さっそく終電に間に合わずタクシーでの帰宅となりました。今月は忙しいのでまだまだこんな日が続きそうです。ラジオからWけんじ風邪気味でぼんやりとしてたところ、タクシーでかかってたラジオからWけんじの漫才が流れてきま…

2015年に読んだ本いろいろ~2015年グッときた本ベスト3

12月に読んだ本をまとめようと思いましたが、12月はつまみ食いしたままの読み止し本ばかりで、まともに本を読んでいなかったので、2015年の読書を振り返ってみることにしてみました。 少ない読書量、バラバラな読書傾向 といって、振り返ってみても読書量が…

12月に観た映画あれこれ〜「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」、ビリー・ワイルダー、サミュエル・フラー

2015年12月に観た映画はやや少なめでした。映画館では「グリーン・インフェルノ」と「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」。「スター・ウォーズ」新作は、最近ジョージ・ルーカスの発言が物議を醸していましたが、ぼくのように「スター・ウォーズ」シリーズ…

年末年始はこんな風に過ごしました日記

トピック「年末年始の風景」について 明けましておめでとうございます。 年末年始は12/31~1/4までが休みでした。本日が仕事初め。2016年のブログも本日より始めることにします。 ここ数年は年末年始の過ごし方はたいして変わらないのですが、日記形式で以下…

2015年の締めくくりに私的10大ニュースをまとめてみました

さて、2015年もいよいよ最後となりまして、備忘録的に今年の私的10大ニュースというのを記しておこうかと思います。順不同です。日経新聞を読み始める何をいまさら、新社会人でもあるまいし、という感じなのですが。数年前に新聞をとるのを止め(朝日新聞)、…

サミュエル・フラーDVD-BOXを観ました!

今年の誕生日に購入したサミュエル・フラーDVD-BOXをようやく鑑賞しました。BOXの内容は「ショック集団」「裸のキッス」「ストリート・オブ・ノー・リターン」の3本。どれもサミュエル・フラーを代表する作品であり、カルト映画としても名高い作品です。 サ…

2015年映画館で観た映画のベスト10を選んでみました

年末になると今年観た映画のベストを作りたくなるのですけど、不思議と今年はつい2、3日前まではあまりそういう気分になりませんでした。それでも今年何を映画館で観たのか振り返ってみたら、「映画好きでよく映画観ます」という人と比べたら決して多い方で…

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を観ました!

話題の「スター・ウォーズ」新作、episodeⅦを観てきました。 詳細な解説、熱量の高い感想、その他さまざまな意見がすでに巷には溢れていることかと思います。サーガの「サ」の字も知らない ぼくは実は「スター・ウォーズ」シリーズをまともに観たことがない…

サンタクロース奮闘?ドキュメント

今日はクリスマスですが、僕はもうひと仕事終えたので安堵しているところです。仕事というのは、サンタクロースとしてうちの子の枕元にプレゼントを置くということですね。というわけで、サンタクロース奮闘?ドキュメントが以下になります。プロローグ〜9月…

「グリーン・インフェルノ」を観ました!

日本での公開が危ぶまれていたイーライ・ロス監督のカニバルホラー、「グリーン・インフェルノ」をようやく観てきました。 新宿武蔵野館、祝日、14:45の回は立ち見が出るほどの盛況ぶり。 ゲテモノ好きのマニアな客層でもなく、普通の若いカップル客や女性一…

最近ヨットロックを知りまして、よく聴いてますという話

最近「ヨットロック」なる言葉を初めて知りまして、ロックと名がつくことからもお分かりかと思いますが、音楽のジャンルを指す言葉です。きっかけはブログからきっかけは友人のdubstronicaさんのブログ記事でした。dubstronica.hatenablog.com今、ざっと読み…

タイ料理を食べ過ぎると目から血は出るのか?

ハマってるとまでは言い切れないのですが、タイ料理が気になっています。ランチは時間があえば、ほとんど必ず職場近くのタイ料理屋で弁当買って食べてます。最近はチキンライス少し前まではマッサマンカレー一択でしたが、最近はチキンライスに心動かされて…

師走の土日はこんな風に過ごしました日記

2015年も押し詰まってきました。年々年の瀬感が薄まっているのはどういうことだろう?それほど世間と隔絶した生活を送ってるわけではないのに。多分季節行事を蔑ろにしてるからなのでしょう。大掃除もおせちの準備もダンボール箱に山盛りのみかんも全くあり…

気まぐれつけ麺メモ⑤〜京成船橋 無限大

先週金曜、終電に間に合わないことが決定的でしたので、いっそ清々しく船橋でつけ麺でも食べて帰ることにしました。といっても、深夜0時を回っても営業しているラーメン屋はそう多くない。この「気まぐれつけ麺メモ」の1回目で取り上げた「三代目まるは極」…

今年のクリスマスプレゼントをどのように演出するか、あるいはサンタ引退問題についての我が家の方針(のようなもの)

子どもにとっては楽しみな季節が巡ってきました。 サンタが子どもたちへ直接プレゼントを届けにやってくる年に一度の機会。 うちには10歳の息子がおりますが、彼にとってもやはり嬉しい楽しいイベントです。 特にうちの子は今月が誕生日でもあるので、クリス…

伊勢田勝行監督作品にグッときましたという話

都築響一氏が手がけるWEBマガジン「ROADSIDER'S weekly」の購読を始めました。 前々から興味を持っていながら、毎週毎週濃厚なコンテンツを果たして読み切れるかな、paypalでの支払いというのがなんだかよくわからないな、と老人のような心配が先行して踏み…

夜明けのたぬきそばと白い夜からの生還

久し振りに始発出るまで仕事してしまった。まあ、自分で「今日は朝までだな」と決めて臨んだ残業だったので、それほど不快ではないですけども。むしろぼくは、ひとり、しんとしたオフィスで仕事するのは好きな方です。休日出勤も嫌いでない。働くのが好きと…

気まぐれつけ麺メモ④〜津田沼 健勝軒

通勤の乗り換え駅で気にはなっていたのですが、なかなかタイミングが合わず足を運べていなかった健勝軒へ行ってきました。池袋大勝軒ののれんを分けてもらった店なのでしょうか?詳しいことはわかりません。お店はJR津田沼駅北口から歩いて1分くらい。メキシ…

「M-1グランプリ2015」雑感

5年振りに復活した漫才頂上決戦「M-1グランプリ2015」を観ました。5年間のブランクがあったということで、今年は出場制限が以前のコンビ結成10年以内から15年以内に延長。決勝戦に残った8組のコンビは、結成3年目から15年目まで、ほとんど世間的には無名のコ…

神宮外苑のいちょう祭りに行ってきましたという話

久し振りに休日に家族揃ったので、天気が穏やかだったこともあり、出掛けることにしました。 都内で紅葉が楽しめるというので、神宮外苑のいちょう並木へ。 ちょうど「いちょう祭り」というイベントが開かれていて12/6(日)が最終日。 人出の多いお祭り的な…

続々・ビリー・ワイルダー作品を勉強中です〜「深夜の告白」「第十七捕虜収容所」

ビリー・ワイルダー監督の勉強も大体これでおしまい、ということにするつもりで、「深夜の告白」(1944)と「第十七捕虜収容所」(1953)を観ました。 前者はサスペンス、後者は戦争ドラマ。どちらも面白かったです。 「深夜の告白」、悪女サスペンスの古典 …

11月に読んだ本いろいろ〜「アルルの女」「キネマ旬報」水木しげる作品集など

今年もそろそろ終わりなので、来年はもっと読書したいな、などと既に心は先送り。11月もあまり読書らしい読書をしていません。「アルルの女」はジョルジュ・ビゼーの曲から入って、原作戯曲ではタイトルにある「アルルの女」は登場しない、というのを知り、…

「1995年」と「1989年」を読みました

ちょっと基礎知識として押さえておきたい必要があって、1990年前後の時事などを簡潔にまとめた本を探して、そのものズバリの「1995年」(速水健朗 ちくま新書)と「1989年 現代史最大の転換点を検証する」(竹内修二 平凡社新書)を購入して読んでみました。「19…

「世にも奇妙な物語 映画監督篇」を観ました

先週の土曜日放映された「世にも奇妙な物語 映画監督篇」を観ました。放映順に作品と監督を以下に記します。「箱」佐藤嗣麻子監督「幸せを運ぶ眼鏡」本広克行監督「事故物件」中田秀夫監督「バツ」山崎貴監督「嘘が生まれた日」清水崇監督ハリウッドで映画を…

11月に観た映画あれこれ~「暗殺の森」「情婦」「100歳の華麗なる冒険」など

11月に観た映画を振り返ります。 劇場で観たのは3本。「トランスポーター イグニション」、リバイバルで「暗殺の森」、「ヴィジット」。 「暗殺の森」は観られてよかったです。若々しいエネルギーに満ちていて、なんだか元気を貰えました。 DVD鑑賞では、名…

ロバート・アルトマンの1990年代初めの代表作3本

ロバート・アルトマンといえば、アンチ・ハリウッドの巨匠、群像ドラマの名匠、ポール・トーマス・アンダーソンの師匠(?)で有名ですが、ぼくはなんとなく今まで観てきませんでした。 いまさらながら勉強を兼ねて少しずつ観ています。 ちょうどよいタイミ…

2016年期待のアメリカンコメディ3本!

そろそろ来年公開予定の映画も気になってきますが、アメコミ原作映画はほんと多いですね。「バットマンvsスーパーマン」「キャプテン・アメリカ」「デッドプール」「スーサイド・スクワッド」「X-メン」ですか。ドーナツの新商品みたい。新作コメディが観た…

送別会、ナポリタン、「新宝島」

先日、会社の同僚が退社したので、最後の出勤が終わったあとプチ送別会に参加しました。突然、送別会という流れにあらためて送別会を行うとの話を聞いてたので、その日は挨拶だけして帰るつもりだったのですが、上司に誘われてそのまま流れで、4人で職場近く…

続・ビリー・ワイルダー作品を勉強中です〜「情婦」「昼下りの情事」

連休中にビリー・ワイルダー監督「情婦」と「昼下りの情事」を観ました。傑作!「情婦」「情婦」がとにかく傑作でした。ラストのどんでん返しが大きな見所のひとつになっているので、ネタバレになりそうなことを控えるとあまりいろいろ書けませんが、是非観…

さようならモルツ、ようこそザ・モルツ

サントリーのモルツを愛飲していましたが、すでにご承知のように今年9月味とデザインが一新され、モルツはザ・モルツに生まれ変わりました。「ザ」が頭につくと、どこか特別な一品という感じがします。なぜかぼくは、「ザ・スペシャルズ」とか「ザ・スカタラ…

三連休はこんな風に過ごしました日記

三連休、カレンダー通りに休みだったのですが、奥さんがずっと仕事だったこともあり、子どもと一緒にほとんど家で過ごしました。以下、完全に日記です。11月21日(土)8時過ぎ起床。昨晩、退社する同僚のプチ送別会に急遽参加することになり、やや二日酔いで頭…

1990年代半ばの映画チラシを手持ちから紹介してみます

先日実家に帰った際に、1990年代半ば頃に集めていた映画チラシをストックしたファイルを持って帰ってきました。 最近映画チラシ集めが好きになったうちの子供にせがまれて、わざわざ実家の押入れの奥から引っ張りだしてきたのです。 思ってたよりもたくさん…

第一パンの「スイートポテト蒸し」がおいしかった

奥さんに「おいしいよ」と勧められて第一パンの「スイートポテト蒸し」を食べました。これが確かにおいしかった。 www.daiichipan.co.jp いわゆる蒸しパンのスイートポテト味なんですけど、ぼくのように舌が鈍感な人間が食べると、もうスイートポテトそのも…

立石清という無名の画家から自分のルーツの一端に触れる、という話

先日実家へ帰った際に、といっても歩いて2、3分の距離ですが、かつて自分の部屋として使っていていまや物置と化している部屋で、とある画集を見つけました。 立石清という人の画集です。 人物や風景の油彩または水彩のスケッチ中心で十数点くらい載っていま…

「ヴィジット」を見ました〜正直ちょっとガッカリ ※多少ネタバレあり

M・ナイト・シャマラン監督の新作「ヴィジット」をTOHOシネマズみゆき座で観てきました。待望のシャマラン監督新作!と言いたいところですが、実はぼくは「ヴィレッジ」までは観てましたけど、それ以降シャマラン離れしてしまったんですよね。ぼくにとってシ…

ジョルジュ・シュヴィッツゲベルのアニメーションが面白い!

ジョルジュ・シュヴィッツゲベルというちょっと発音しづらい名前のアニメーション作家がいます。 最近YouTubeでその作品を観て知りました。文字や幾何学模様、人物が目まぐるしく変容するイマジネーションに溢れた世界。さっきまで池だったのが建物になった…

「悪魔のいけにえ」を久し振りに観ました!

先日届いた「悪魔のいけにえ 公開40周年記念版 Blu-ray」の本編をようやく観ました。今さら改めて書くまでもなく、「悪魔のいけにえ」はホラー映画の金字塔、マスターピース、レジェンドなどあらゆる賞賛を受け続けている、古びることのない古典です。ぼくは…

「暗殺の森」を観ました!若々しくってコミカルな作品

ベルナルド・ベルトルッチ監督「暗殺の森」を新宿武蔵野館に観に行ってきました。2週間の限定公開、その最終日になんとか駆け込みました。平日の10時半の回にもかかわらず、まずまずの客入りで、比較的年配の方が多い感じ。なんとなく映画通、シネフィルが多…

気まぐれつけ麺メモ③〜新宿 百日紅

新宿に映画を観に行ったついでに、「百日紅」で濃厚つけ麺を食べてきました。 ここは今年1月に初めて行ったのですが、ぼくにつけ麺のおいしさを教えてくれた(と勝手にそう思っている)三田製麺所に出会って以来の「おいしい!」という感動を与えてくれたお店…

チャールズ・コーエンを知っていますか?天衣無縫の電子音

チャールズ・コーエン(charles cohen)という電子音楽家をご存知でしょうか?ぼくはつい2、3日前に初めて知りまして、Apple musicにあるアルバムを聴いて、その天衣無縫というか、あまりに瑞々しい電子音に魅せられてしまいました。電子音楽家という肩書きが…

始発を待ちながらマックでフィレオフィッシュを食べた、という話

もう昨日のことなんですが、終電を逃し、タクシーで帰ることも諦め、久し振りに覚悟を決めて明け方近くまで残業してしまいました。 始発まで職場にいてもよかったのですが、もう仕事する余力もなかったし、小腹も空いたのでどこかで休もうと外へ出てみたもの…

ホドロフスキーの「サンタ・サングレ/聖なる血」を観ました!

アレハンドロ・ホドロフスキー監督「サンタ・サングレ/聖なる血」(1989)を観ました。ホドロフスキーといえば、本作と「エル・トポ」(1969)、「ホーリー・マウンテン」(1973)の3作をして、ミッドナイトシネマの帝王、キング・オブ・カルトムービーと呼んで差…

「丸源ラーメン 北習志野店」で肉そばを食べました、という話

津田沼と松戸を結ぶ新京成線では「新京成ラーメンスタンプラリー」という企画が10/16から行われています。 新京成線を使って、駅最寄りの企画に参加しているラーメン屋でラーメンを食べ、スタンプを集めると景品が当たります、という企画です。 もう第7弾と…