読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

はてなダイアリーからはてなブログへ

すっかりはてなダイアリーの更新から遠ざかっていたのだけども、スマホをiPhone5に替えたことから、はてなブログのアプリでよもや更新が容易になるかと、ブログ熱が一時的に高まる。

 

常に文章を書く、という習慣をブログで培いたいと思っているのだけど、どうも、こう、ブログに書くべきテーマを見出せない。

なにか特別にこだわってる趣味があるでもなければ、紹介したい商品、サービス、映画、本があるでもなければ、ユニークな体験も、エキセントリックな意見もない。

それで何度も書き始めては続けられず、中断を繰り返す。

そもそもここが問題かもしれない。

ブログに書くということは、誰もが目にできる場に文章を公開するということ、それほど多くの人の目に留まるわけではないが、それでも公にするからにはなにがしか他とは違った、読むに値するブログでなければ、つまりためになる内容を伴わなければいけない、と。

そこが勘違いではないか。

そんなものをアマチュアが簡単に書けるわけがない。

 

他の人のブログを読むことはほとんどない。

アルファブロガーという人たちのこともほとんど知らない。

おそらくブログにも作法なり、読ませるテクニックがあるのだろうが、それを知ろうとも今のところは思わない。

 

なのに、なにか面白いものが書けるとでも?

 

今、考えているのは、

「社会一般のニュースを扱わない」、「(プライベートな)食事や家族の話題を扱わない」、「商品紹介はしない」、「冷笑しない」、「提言しない」

といったルールを設けてみてはどうか、と。

取り扱うネタとしては、

映画、本、音楽、アートといったところになってくるだろう。

しかしこのジャンルの書き手はごまんといる。

単純な感想とは別の書き方ができたら面白いとは思うのだが…

 

ブログ移行初回はこれくらいにしておこう。