船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

マスロックについて調べてみた〜で、マスロックはこう理解する

マスロックについてググって調べてみた。といっても定義について正確なところは、正直あまり興味がない。

個人的には、いろんなジャンルを通過してそれらを飲み込み再構築、複雑な展開をする楽曲を、高度な演奏技術で表現するロック、という理解で落ち着いてる。
あとは、ふんだんにある音楽情報を独特なセンスで取捨選択し、エディットする能力に長けている頭のいい人たちによるロック、とも捉えている。
それと、音の鳴りや響きを重視していて、ボーカルも楽器のひとつで、インスト的な楽曲が多いロック、とも。
 
ポストロックや音響派という言葉が、リスナーに新鮮さや期待を抱かせるだけの力を持って広く用いられていた当時、僕は物珍しさで、トータスやガスター・デル・ソル、ジム・オルークなんかを聴いていて、そこからレッド・クレイオラに遡ったりもした。
マスロックに興味を覚える源はこのあたりからなんだろう。
 でも、レッド・クレイオラは、マスロックを調べていても、全く名が上がってなかったので、また別の括りになるのかもしれない。
マスロックからは脱線するけども、レッド・クレイオラは「ロックってこんなヘンテコなのもありか」と思わせてくれたはじめてのバンド。
最近聴いてないんだけども、好き嫌い、よく聴く聴かない、は別にして、ちょっと特別なポジションにある。

「マスロック おすすめ」でググってみたところ、トップにでてきたこちらのリスト↓

マスロック100選(my fav. 100 Math Rock songs) - YouTube

ほとんど知らないバンドである。

代表格のバンドは、おそらくBATTLESだろうと思われる。

Battles - Atlas - YouTube

というかBATTLESだけはシングルもアルバムも大体聴いているので、馴染みがある分贔屓目に見てしまう。でも多分、マスロックを代表するバンドだろう、世間的にも。

だけども、正直BATTLESは、「面白いんだけども、頭でっかち」という印象で、どうも素直に乗れないところがある。

でも、この印象は、「マスロック」で調べて聴いてみたいくつかのバンドも同じで、情報処理能力、演奏技術力いずれも高いんだけど、すごく、真面目なんだと思うな。

ステージから響いてくるというより、教壇から聴こえてくるような感じ。

もしくはスティーブ・ジョブズのプレゼンとでもいうのか(ちゃんと見たことないけど、そんなイメージ)。


で、マスロックの範疇に入るかどうかわからないが、これは楽しいと思えるバンドとなると、LIGHTNING BOLTがここ数年では筆頭。

Lightning Bolt - 13 Monsters - YouTube

野獣的なドラミングと、ギター弦張ったベース(今でもそうなんだろうか?)のノイジーかつミニマルなリフとの波状攻撃は、音楽をフィジカルなものに翻訳し、さらには呪術的な域にまで高める。

と書くと、なんだか随分仰々しい。

しかし、そんなところだ。


LIGHTNING BOLTからマスロックへはなかなか繋がりにくい。

実際、今回マスロックを調べてみる気になったのは、LIGHTNING BOLTがきっかけじゃなくて、また別のバンドである。

それがADEBISI SHANK。カタカナで表記すると、アドビシ・シャンク。

Adebisi Shank - International Dreambeat - Live in Whelan's 2011 - YouTube

日本でどの程度の人気、知名度があるのか知らない。

ADEBISI SHANKは、そういえばこないだブログに書いたっけか。

彼らはマスロックぽいアプローチを取ってるんだろうけど、頭でこねくり回さずに、身体で自然に演奏できてる感じがする。やんちゃな。そこがLIGHTNING BOLTと、僕の中では繋がる。


同じようなジャンルばかり聴くのは、実は耐え難い。

飽きっぽいので。

研究家肌でもない。

なのでマスロックについては、結論、BATTLESが代表格という理解で、でも好きなのはLIGHTNING BOLTとADEBISI SHANKということにしておく。

マスポップやマスコアという語も聞き知ったが、それらには耳を塞いで、一括りにマスロックということにしておく。


終わり