読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

8月に観た映画〜パシフィック・リム〜実録犯罪ものなど

8月の鑑賞メーター
観たビデオの数:8本
観た鑑賞時間:715分

モンティ・パイソン/人生狂騒曲 [DVD]モンティ・パイソン/人生狂騒曲 [DVD]
鑑賞日:08月31日 監督:テリー・ジョーンズ
コレクター [DVD]コレクター [DVD]
サイコサスペンスの古典、ということで初鑑賞。蝶の採集と標本作りが趣味の内向的な男が、片想いする美しい美大生を誘拐、監禁して、「自分を愛してくれる」ことをひたすら望む。という話から想像するような露悪的な描写、演出はなく、女が監禁される家を舞台に、ほぼ全編2人だけの、緊張感あるシチュエーション劇に仕上がってる。家の雰囲気からゴシックホラーっぽい趣もあり、かつ主演テレンス・スタンプの異様に冷たい目が、魅力。囚われのヒロインがそれほど美人に見えなかったのがやや残念。
鑑賞日:08月29日 監督:ウィリアム・ワイラー
ディープ・クリムゾン 深紅の愛ディープ・クリムゾン 深紅の愛
1940年代のアメリカで実際に起きたカップル殺人鬼マーサ&レイ事件にインスパイアされたメキシコ映画。ラテン系な濃厚な色づかいの撮影、どことなく演歌に繋がる湿っぽく艶っぽい世界観が見所。子どもすら捨てて結婚詐欺師についていくコラル(マーサにあたる)が、情欲にもだえてるのか、愛に飢えているのか、捨てきれない母性に悩まされてるのか、そこがシーンによって変わるので、作品としてはぶれた印象。
鑑賞日:08月25日 監督:
華麗なるギャツビー [DVD]華麗なるギャツビー [DVD]
鑑賞日:08月21日 監督:ジャック・クレイトン
ヘンリー ある連続殺人鬼の記録〈Collector’s Edition〉 [DVD]ヘンリー ある連続殺人鬼の記録〈Collector’s Edition〉 [DVD]
鑑賞日:08月17日 監督:ジョン・マクノートン
絞殺魔 [DVD]絞殺魔 [DVD]
美しい!これだけ卑俗な興味を掻きたてる事件を素材にしていながら、品よく、恐ろしく、サスペンスフルに仕上げることができるなんて!デサルヴォの供述から回想に入っていく下りの、現実と過去とがクロスする表現とかうっとりする!
鑑賞日:08月11日 監督:リチャード・フライシャー
パシフィック・リム [DVD]パシフィック・リム [DVD]
鑑賞日:08月10日 監督:
ロンリーハート [DVD]ロンリーハート [DVD]
1940年代末に実際にアメリカで起きた結婚詐欺師カップル、レイとマーサの連続殺人事件を題材にした実録犯罪ドラマ。「ハネムーン・キラーズ」は知っていたが、他にも映画化されてるとは知らなかった。孤独、愛、嫉妬、そうしたテーマは「ハネムーン・キラーズ」の方がより味わい深かったけれども、こちらはこちらで抑制された演出が効いてムードたっぷりでなかなか見応えあり。トラヴォルタもサルマ・ハエックも、思ってた以上に作品とマッチしてていい。ジャレッド・レトはかつらの色男詐欺師レイを怪演。
鑑賞日:08月07日 監督:トッド・ロビンソン

鑑賞メーター


結局劇場では「パシフィック・リム」しか観れなかった…

ワールド・ウォー・Z」も「アイアン・フィスト」も観にいけなかった…残念。

けれども「パシフィック・リム」は、初のIMAXシアターでの鑑賞となり、十二分に楽しめた。

ところが名古屋の方では4Dなる上映方式があったらしいのを知り、なんでもコクピットに乗っているような感覚が味わえるとあって、それも体験してみたかったが、いかんせんそこまで足は伸びない。

パシフィック・リムについてはこちらに書きました

「パシフィック・リム」、3D・吹替え・IMAXで観てきた - 船橋リズムセンター


8月は実録犯罪もの、サイコスリラーを主に鑑賞。

レイ&マーサ事件を元にした作品は、「ハネムーン・キラーズ」(7月に鑑賞)に始まり、「ロンリーハート」「ディープ・クリムゾン 深紅の愛」と3本を押さえる。

※こちらに書きました

レイ&マーサ事件を題材にした3本の映画を観た - 船橋リズムセンター


中でも、ボストン絞殺魔の異名で知られるアルバート・デサルヴォの一連の事件を描いた「絞殺魔」が素晴らしかった。

TSUTAYAで黒沢清のオススメとかいうポップが貼られていたので、おそらくシネフィル向けの作品というイメージが強いんだろうけども、いやあ、しかし、デ・パルマの先を行くスプリットスクリーン(分割画面)や、回想と現実が共存する演出など、単に観ているだけでうっとりしてしまう。

派手なアクションだけじゃなくて、こういう楽しみもあるでしょ、映画って。リッチな画面ってこういうものでしょ。そんな気付きを与えてくれる。