船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

「THE MANZAI 2013」雑感

年末の大型お笑いイベント「THE MANZAI」、今年も楽しんで観た。
お笑い好きなくせに、ライブには足を運ばない無精者には、普段のテレビのバラエティ番組ではまず見ることのできない、若手またはなかなか売れない芸人たちの、渾身のネタを見ることができるのがなんといっても楽しい。


今年の決勝進出者11組とワイルドカード1組を、グループ別にざっと感想を述べていく。
基本的にどんなコンビ、どんなネタにも「つまんない」とは言いたくなくて、どこかしら面白さを見出したい性分なのだが、それでもこういうのには好き嫌いがある。そこは仕方ない。


Aグループから。
レイザーラモン、色物のピン芸人という印象が強い2人が漫才やるというので、良くも悪くも一番の期待があったコンビ。
ある意味、期待を裏切らないネタ。初っ端から脱ぐ、という度胸は買いたい。でもネタは、「ワラチャン」の出場者の方がよっぽど面白かったな。

チーモンチョーチュウ、面白かった。後半、ツルの恩返しから脱線してサラリーマンコントみたいになるとこの捻り方が好み。Aグループでは一番好き。ただ、昔話という入り方があまり好きでないので(古臭く感じる)、別のネタでもう一本見たかった。

オジンオズボーン、ボケの持つオードリーの春日に似た根拠のない自信が、後半崩されてあたふたするのは面白かったけども、ダジャレネタで押し通されるとちょっと食傷気味。

千鳥、安定感。決して爆笑するネタではないけど、余裕から生まれるおかしみがある。


Bグループは正直あまり好みのコンビがいなかった。
学天即、いまいちパンチが感じられなかった。良くも悪くも観客に印象づけるサムシングが欲しかった。

風藤松原、センス勝負のネタ。皆がよく知ってることわざを、いかに捻ってボケるか。割と好き。ただ最後まで同じ展開なのでやや単調。他のネタも見てみたかった。

銀シャリ、王道のしゃべくり漫才。衣装も含めても少し肩の力が抜けたらよいのに。王道のしゃべくり漫才は中川家博多華丸大吉くらい、洗いざらしのいい具合に色が抜けてきた感じが好き。

ウーマンラッシュアワー、今回の優勝コンビ。去年から勢いはあったから、今年どれだけ伸びるかな?と思ってたら優勝。ただ、個人的には苦手。面白い、つまらないでなく。これは仕方ない…


Cグループ、ここが一番面白かった。ここで優勝決めてもいいんじゃないか、と思うほど。
天竺鼠、こういうメタ漫才好き。漫才ですらない。延々こういうナンセンスな笑いを見ていたい。

ノンスタイル、ひたすらボケ倒す。これだけの数ボケても、ひとつひとつのクオリティが高いというところがすごい。わかりやすいし。

東京ダイナマイト、ここも異色、天竺鼠とはまた違う意味で。ボケとツッコミの境界が曖昧なとこも面白いし、生放送での芸能界のタブーに触れるようなブラックなネタ、というのも素晴らしい。この心意気だけなら優勝レベル。

ワイルドカードで上がってきた流れ星、初見のアドバンテージもあったのかもしれないが、一番今回勢いを感じた。ヒジ神様の歌のバカバカしさの破壊力!ぜひ優勝決定戦にまで絡んでもらいたかった。来年ブレイクしそうなコンビ。


といった感想でした。
ちなみに順位つけずに、今回の出場者で3組ベストを選べば、