読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

アーリー20thなモード②〜「ミッドナイト・イン・パリ」〜あの頃パリは女の話ばかりだった…?

20世紀 映画 コメディ アート
「昔はよかった」的なノスタルジーにどっぷり浸かって、現実を見ない大人というのはどこの国にもいるのだな。


ウディ・アレン監督「ミッドナイト・イン・パリ」は、まさにそんな夢見るしがない脚本家が主人公のお話。


ハリウッドでそこそこ売れっ子らしい脚本家のギルは、1920年代のパリ、それはローリング・トゥエンティーズとかジャズ・エイジなどと呼ばれる、つまるところ新しい芸術がいろいろと起こってきたこの時代に強い憧れを持っている。
また、彼は雨の降るパリの街路を傘も差さずに歩きたい、などと思うようなベタなロマンチスト。いつかはパリに住みたい、そして本当に書きたい小説を書いて暮らしたい、と考えている。
けれども婚約者はそんなギルの気持ちをまるっきり理解しない。才能を活かせる脚本家の仕事を続けてほしいと思ってる。
パリの街に浮かばれない思いを漂わせるようにギルがぶらぶら通りを歩いていると、そこへクラシックな車がやって来て、見知らぬ男が「乗れよ」と誘う。
そうして車に乗り込んだギルは、どういうわけだか1920年代のパリに迷い込んでしまう…


と、SFっぽいプロットを下敷きにしながらも、主人公のノスタルジー退行、ロマンチック趣味が全編にまぶされ、人によっては「甘っちょろくて耐えられない」と苦い顔しそうなロマンチックコメディ。
まあ、でも最後は一応ギル自身がその甘さを自覚して、現実に向かうようになるんだけども、ロマンチックコメディならこう終わるより他ない気もする。
結局ノスタルジーに逃げたまま帰って来れなくなってしまう、というシニカルなオチもありだろうが、そうするとブラックコメディになってしまうしね…


ここではウディ・アレン作品として本作がどうなのか?という感想は書かない。そもそもウディ・アレンはあまりに観てなさすぎる。


1920年代の「パリのアメリカ人」群像を、ウディ・アレン自身がほんとに楽しんで描いてるのが、観ててニヤニヤと楽しいのだ。


f:id:kamonpoi:20140114202934j:plain

f:id:kamonpoi:20140114202953j:plain


ピカソが愛人アドリアナをモデルに描いた絵を、ガートルード・スタインが「いやらしい」とこき下ろしたり、ヘミングウェイが狩人を誉め讃えたり、いかにもあったようで、でもほんとにあったのかな?とも思うような、まさに夢の1920年代。


調子に乗ったギルがブニュエルに「ブルジョワジーの秘かな愉しみ」のアイデアを伝えて、当の本人に「なぜ彼らは帰らないんだ?」と訊ねられるのもおかしい。


バズ・ラーマンの描いた「華麗なるギャツビー」のパーティーが、果たしてあれほど豪華だったかどうかはわからないのと同様に、ここでウディ・アレンが描いた1920年代のアート界隈の交流もどれだけほんとなのか実は怪しい。
でも1920年代ってこんな感じだったんじゃないかな?いや、こんな風であって欲しい、というギルの願望を反映した虚構の1920年代と考えれば、そもそもこれはコメディなのだから。


お互いの作品を評しあったりするよりも、女の話ばっかりしてる、また女のことで悩んでばっかりいる、というフィッツジェラルドヘミングウェイピカソらの姿は、案外コメディだからそう描かれたというより真実の姿に近いんじゃないか、とか。


1920年代好きには、ニヤニヤがとまらない一本。