船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

1月に読んだ本いろいろ~アメリカ文学偏重気味

2014年は昨年から引き続き、アメリカ文学、主に20世紀前半あたりを照準にしている。

学生時代以来久々に読み返した「ライ麦畑でつかまえて」に、年相応な読後感(「そんなにあれこれ文句を言うもんじゃないよ…」)を覚えて、そのことが面白かった。

アメリカの青春映画や学園映画を好んで観るけども、どの作品にも少なからずこの「ライ麦」のDNAが組み込まれてるんだろうな、というのをあらためて実感。

 

 

ずっと積読になってるジョイスの「フィネガンズ・ウェイク」やちくま日本文学全集(文庫版)なんかも読んでいきたいわけだけども、遅読で困る…

文学・小説はそんな感じだけども、映画関連の本、といってもそれほど小難しくないようなのもちょいちょい挟んでいきたい。

 

 

今月はようやく読むことができた長谷川町蔵「21世紀アメリカの喜劇人」がツボ。

これは「ハイスクールU.S.A.~アメリカ学園映画のすべて」とともにこれからもことあるごとに引っ張りだしてペラペラ読み返しそう。

 

 

2014年1月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2186ページ
ナイス数:10ナイス

ブリット・パーク (1972年) (海外純文学シリーズ〈1〉)ブリット・パーク (1972年) (海外純文学シリーズ〈1〉)感想
最後までピンとこなかった…サバ―ビアに住む平均的人間のちょっとフツーじゃない日常を描いている、というとこは個人的にはツボなんだけども、描かれている世界観というのかイメージというのかを共有できなかった…また別の機会にチーヴァーはチャレンジしよう
読了日:1月29日 著者:ジョン・チーヴァー
ハイスクールU.S.A.―アメリカ学園映画のすべてハイスクールU.S.A.―アメリカ学園映画のすべて
読了日:1月27日 著者:長谷川町蔵,山崎まどか
ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)
読了日:1月20日 著者:J.D.サリンジャー
BRUTUS (ブルータス) 2014年 2/1号 [雑誌]BRUTUS (ブルータス) 2014年 2/1号 [雑誌]感想
日用品っていわば匿名の存在だけども、こうしてどこどこのメーカーの、とか、誰々のデザインの、とか出自を表に出し、どのようにして作られたのかという経緯や歴史、またそれを手に入れるまでの私的なストーリーを語ると、かけがえのないものに見えてくる。こういうちょっとしたことで人は生活に潤いを求める、そのことに軽い驚きがある、とか。
読了日:1月18日 著者:
21世紀アメリカの喜劇人 (SPACE SHOWER BOOks)21世紀アメリカの喜劇人 (SPACE SHOWER BOOks)感想
面白かった。一気に読んだ。90年代から現在までのアメリカンコメディの旨味がぎゅっと詰まっている。ロマコメやティーン向けまでフォローしているのも嬉しい。アメコメガイドとしてももちろん役立つ。時に辛辣なとこもあるけども、アメコメへの愛に裏打ちされているのと、なにより新たなアメコメの才能を期待するという開かれた姿勢に、単なるガイド本とは違う頼もしさを覚える。
読了日:1月12日 著者:長谷川町蔵
エデンの門―イーサン・コーエン短編集エデンの門―イーサン・コーエン短編集感想
コーエン兄弟の弟による短編集は、まあ、映画よりもさらにいたずらの度がすぎる、質の悪さ全開。暴力、汚物、性、宗教を露悪的ギャグにして、それがまたたいして笑えない、というのがおかしくもあり、これってやっぱりコーエン兄弟の映画にも通じるな、と。「バーン・アフター・リーディング」のバカバカしい世界が好きな人なら割と楽しめるかも。ただ、読みにくいったらありゃしない…
読了日:1月10日 著者:イーサンコーエン
短編小説のアメリカ 52講 こんなにおもしろいアメリカン・ショート・ストーリーズ秘史 (平凡社ライブラリー)短編小説のアメリカ 52講 こんなにおもしろいアメリカン・ショート・ストーリーズ秘史 (平凡社ライブラリー)感想
短編小説はアメリカの発明品、から、アメリカの特産品へ。「ニューヨーカー」の緻密な原稿チェックや、アイオワ大学の伝統ある創作科、様々なアンソロジー、自分で本を出す方法、さらにネットから生まれる新たな才能?などトリビア満載。文学史のような堅苦しさがなく、気楽に読めて、アメリカ文学に興味ある向きにはなかなか楽しい。
読了日:1月6日 著者:青山南
アメリカ文学入門アメリカ文学入門感想
興味のあるとこだけざっくりと通読。20〜30年代、ポストモダンあたりが特に関心あり。作家別、テーマ別に好きなとこから読めるし、巻末にはアメリカ歴代大統領やアメリカ文学史などあり、参考文献、索引もついてて大学の授業で買わされそうな一冊ではあるが、勉強にはなる。
読了日:1月5日 著者:
シナリオ 2013年 10月号 [雑誌]シナリオ 2013年 10月号 [雑誌]
読了日:1月1日 著者:

読書メーター