読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

screaming maldini〜寒くて薄曇りの日には例えばscreaming maldiniを

今月のヘビロテ音楽は、正確には先月の末から、screaming maldiniである。


あるバンドやミュージシャン、曲を紹介する時は、多分これからも何度も書いてしまうだろうが、「音楽のレビューなんてできない」。
もともとそんなに詳しいわけではないし、飽きっぽくあれこれ聞きかじっているだけ。
いろんなジャンルや他のアーティストの名を連ねては、なにか語ったような気になるのがせいぜいなので、もうレビューなんかできない、と言っておく方がいい、という考え方に落ち着いてきた。


言い訳はここまで。
screaming maldini。
つい最近Twitter経由ではじめて知り、YouTubeで「The awakening」を聴いてスコンとやられてしまった。
これ、曲もいいけども、MVもとてもよくて、二つのスプリット画面で、左に子どもたち、右に若者たちのそれぞれパーティーの様子が微妙にリンクしながら同時進行で映し出される。
プロジェクトX」のようなアイデアをMVにうまく生かしてる。


で、曲はね、キラキラ輝いてて、女性ボーカルの伸びる高音が気持ちいい。
こういうガチャガチャしてるようで、明るい面を見て前向きにさせてくれるロックって好きなのです。


先月、バンド名を冠したアルバムが発売されたというのでダウンロードしてみたのだけども、これがまた、どの曲もシングルカット(って今言わないのかな?)できるんじゃないか、というくらいのキャッチーでポップな曲ばかり。

スクリーミング・マルディニ

スクリーミング・マルディニ



本人たちは「クイックポップコア」と自分たちの音楽を称してるそうだけども、まあ、あまりそんな名称にこだわらず、聴いてみたらよいと思う。
確かにいろんな要素がミックスされてるようだけども、インテリのスタジオ作業という内に籠った感じではなく、躍動感に溢れてる。


最初、arcade fireに近い印象を持ったけども、よりこちらの方が明るい、パーティーバンドぽくもある。
とにかくアルバムの頭4曲の怒涛のポップさ、9曲目、サンバ?な雰囲気の12曲目あたりを繰り返し聴いてると、曇りの日でも日が差してくるように感じる。


アーティストのオフィシャルHPではMVがいろいろ観られるみたい。
レビューはこちらを。