船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」を観た!〜映画版クレヨンしんちゃんシリーズの新たな名作誕生!

子どもと一緒に「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」を観てきた。

イオンシネマ朝一の回に足を運ぶと劇場は家族連れですでに大賑わい。チケット売り場は大行列。
何事かと思ったら、ちょうどイオンシネマのサービスデー。しかも今時期子供向けの映画が大充実。「ドラえもん」「プリキュア」「コナン」「仮面ライダー」など。なるほど混雑するわけだ。
 
 
クレヨンしんちゃん」は映画ばかりでなくテレビシリーズもうちの子が好きで見ているので、一緒になって見てるうちに段々にこちらも楽しんで見られるようになっていった。
 
 
映画版の「クレヨンしんちゃん」は、幼稚園の友達で結成してるカスカベ防衛隊の友情ものと、野原一家の家族の絆ものを一年おきに交互にテーマにしているよう。
今年は後者。
特に父親であるひろしにフォーカスして、現代日本の父親の理想像を提示して見せる。
 
 
まあ、これが期待を上回る面白さ!
「映画クレヨンしんちゃん」シリーズは過去にも、大人が泣ける名作というのがいくつかあるけども、正直それらは「泣けるよ」という情報が先行して、実はそれほどグッとはこなかったのだけども(でも「夕陽のカスカベボーイズ」は好き)、これはリアルタイムで観てよかった!
おそらく「映画クレヨンしんちゃん」シリーズの新たな名作になることは確実。
 
 
エステに行ったらロボットに改造されてしまったひろし。しんのすけは喜ぶが、みさえは受け入れきれない。
しかしひろしがロボットになっても家族への思いは変わらないことを知ると、みさえはひろしを受け入れる(ここはテレビ版ではちょっとお目にかかれない、大人な雰囲気でグッとくる)。
ところがひろしは、父親の威厳を取り戻そうとする団体の陰謀に利用されていて、突然乱暴な頑固親父に変身してしまうのだったが…
 
 
実は中盤以降、あ、ここからネタバレがあるかもしれないのだが、「トータル・リコール」のようなSF的な展開があって、実は改造されたと思ったひろしが…という、ここからひろしの父親としての存在感、覚悟に痺れるというより、ロボとーちゃんへ感情移入してしまい…ああ、この先はぜひ劇場で観て欲しい。
「ロボ、でも父ちゃん」のコピーがまさにピタリとくる。
鑑賞後に、このコピーを読むと涙が滲んでくる。
 
 
感動ものだからよい、というのでなく、しんちゃんらしいバカバカしいナンセンスなギャグはキレがいいし、世の情けない親父たちを茶化すブラックなギャグもピリッと効いてる。
映画ならではのアクションも迫力ある画で見応えある。
 
 
冗談抜きで今年劇場で観た映画の中ではベスト3に入る面白さ!