読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

最近、奇妙礼太郎ばかり聴いている

音楽

今年の夏になってなんとなく気になっていた奇妙礼太郎トラベルスイング楽団を聴いてみたところ、すっかり魅せられてしまう。

すでにCMではボーカル奇妙礼太郎の歌が引っ張りだこのようらしいが、実はCMではそれほど耳にした記憶がない。

 

 

まず聴いてみたのが2012年リリースの「桜富士山」。

桜富士山(通常盤)

桜富士山(通常盤)

 

 これは今年家族旅行で箱根に行った際のドライブミュージックになった一枚。

ノスタルジックな雰囲気があるんだけども懐古調ではない。

スッと鼻唄で歌えてしまう。

自然に身体が横に揺れてしまうようなノリのいい曲あり、しっとりとさせる曲あり全体通して気持のいいアルバム。

「わるいひと」「桜富士山」「喫茶アラジン」なんかが好き。


奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 / わるいひと - YouTube

 

 

 

 

ジャンルとしてはスイングジャズになるのだろうか?

でもボーカル奇妙礼太郎のやや頼りなげなようでいてソウルフルな歌声がなんといっても独特。

高音がちょっときつそうになるとこなんかが忌野清志郎を髣髴とさせる。

あとあまり聴いたことがないけども憂歌団を連想させたりも。

奇妙礼太郎は関西出身なんだろうか?

 

 

で次に「GOLDEN TIME」を聴いてみる。

GOLDEN TIME

GOLDEN TIME

 

 これは2枚組で、1枚が奇妙礼太郎のソロ、もう1枚がバンド形式のもの。

個人的にはバンド形式の方がにぎやかで好き。

オリジナル曲もいいのだけども、中でもここに収められたカバー曲「オー・シャンゼリゼ」と荒井由美の「ルージュの伝言」が素晴らしい。

ルージュの伝言」ははじめ元の曲がなにかわからなかったくらいユニークなアレンジがされているけど、全然奇をてらった感じがなく、これはこれで奇妙礼太郎トラベルスイング楽団のオリジナルとなっている。

謡曲みたいな歌詞の「機嫌なおしておくれよ」もキャッチ―で気持ちいい。


奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 -- 機嫌なおしておくれよ - YouTube

 

 

動画見るとライブの盛り上がりすごいな。

季節によって聴こえ方が変わってくる音楽。

夏はスコーンと空へ突き抜けていくようで、これから秋へ向かうにつれどこか切なさが増してくる。

他のアルバムも聴いてみよう。