船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

8月に観た映画あれこれ〜拾い物「ヘンゼル&グレーテル」

8月は割と取り留めなくあれこれ鑑賞。

トランスフォーマー ロストエイジ」を劇場で観たので、「リベンジ」、DVDスルーの「ペイン&ゲイン」を借りてきて、ちょっとしたマイケル・ベイ特集を課したり。


アメコメは、「オースティンランド」も「俺たちスーパーマジシャン」ももうひとつグッとこない。


8月の拾い物は、「ヘンゼル&グレーテル」かな。



8月の鑑賞メーター
観たビデオの数:16本
観た鑑賞時間:1802分

狩人の夜 [DVD]狩人の夜 [DVD]
鑑賞日:08月31日 監督:チャールズ・ロートン
血を吸うカメラ 【ベスト・ライブラリー 1500円:ホラー特集】 [DVD]血を吸うカメラ 【ベスト・ライブラリー 1500円:ホラー特集】 [DVD]
鑑賞日:08月31日 監督:マイケル・パウエル
トレーラーズ・フロム・ヘル [DVD]トレーラーズ・フロム・ヘル [DVD]
予告編集面白い!外連味たっぷり!やたら扇情的!ジョン・ランディスエドガー・ライトがノリノリでマニアック作品を語るのも楽しい!「黄金の腕」の予告はちょっとウィットを効かせてて、これはこれで面白い。これを機に、ヒッチコックの予告集とか、斬新なビジュアルのオープニングタイトル集とか、そういう企画のDVD出ないかな、と。
鑑賞日:08月30日 監督:
トランスフォーマー/リベンジ スペシャル・コレクターズ・エディション  [DVD]トランスフォーマー/リベンジ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
ロストエイジ」観たので、未見だった「リベンジ」を。まあ、やっぱりガチャガチャしてる。このシリーズは映画館のスクリーンで体感してこその作品。家で観るとなんだかガチャガチャが眠気を誘う。シャイア・ラブーフは始終「よせよせ、やめろやめろ」と叫んでばかり。これに比べれば新シリーズの方が人物はまだしっかりしてるかな。トランスフォーマーは変身にすでに驚きがあるせいか、ロボ(≒エイリアン)同士の対決にはそれほどグッとくるものがない。ピラミッド壊すのは気持ちいいね。
鑑賞日:08月24日 監督:マイケル・ベイ
俺たちスーパーマジシャン [DVD]俺たちスーパーマジシャン [DVD]
カレル、ブシェミ、ジム・キャリーがマジシャンを演じるコメディってだけでアメリカンコメディ好きにはたまらない!だけど、正直このキャスティング、この設定にしてはもひとつ盛り上がらない。脇のアラン・アーキンオリヴィア・ワイルド、ジム・ガンドルフィーニの存在感の方が印象的。オチの大掛かりなマジックがかなりブラックだったり、敵役のキャリーがえげつなかったりと万人受けではないかな。もっとカレルとブシェミの友情をメインにした、ベタなさわやかブロマンスものに仕上げてくれてたらツボだった。惜しい
鑑賞日:08月23日 監督:ドン・スカーディノ
スプリング・ブレイカーズ [DVD]スプリング・ブレイカーズ [DVD]
鑑賞日:08月23日 監督:ハーモニー・コリン
ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金 ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金 ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
マイケル・ベイ監督なのにDVDスルーという憂き目にあったクライムコメディの佳作?珍作?筋トレが人生にとって最も重要というマッチョなジムトレーナーが、仲間と富豪を誘拐して財産を根こそぎ奪う、という話。1990年代半ばにマイアミで起こった実話らしい。ずさんな誘拐の顛末という話はいかにもコーエン兄弟が好みそう。これをマイケル・ベイが演出するとこんなにも違うものか!短いカットで畳み掛け、光は射しこみ、煙が漂う、下着モデルみたいなブロンド美女に、立ち去る背後で車が炎上のカットもある!小品でもベイ汁濃厚。
鑑賞日:08月21日 監督:マイケル・ベイ
ブリングリング [DVD]ブリングリング [DVD]
割と面白かった。実際にあったハリウッドセレブを狙ったティーン強盗団の事件を映画化。映画が彼らを倫理的に裁くことはなく、また、青春の痛み、大人への通過儀礼といったわかりやすさに落ち着くことなく、盗みをしながらもその時その時の生の輝きを、微妙な距離感を保ちながら彼らに寄り添うようにして描いてるとこが面白い。あれだけ物欲にとらわれながら、性欲に関してはほとんど描かれないのはソフィア・コッポラガーリーな指向によるものなのか?ハーモニー・コリンの「スプリング・ブレイカーズ」と比べると面白い。
鑑賞日:08月19日 監督:ソフィア・コッポラ
トランスフォーマー ロストエイジトランスフォーマー ロストエイジ
吹替3Dで鑑賞。破壊と爆発のエンターテイメント!体感する映画、これはこれで楽しい。ただやっぱり2時間半強はくたびれるな。ただでさえ映像がガチャガチャなのに、いろいろな人間やロボット(エイリアン)の思惑が入り乱れて話もガチャガチャ。車が衝突したりして人が車外へ放り出される描写をさりげなく見せるとこがグッときた。
鑑賞日:08月17日 監督:マイケル・ベイ
ブラインドネス スペシャル・エディション(初回限定生産2枚組) [DVD]ブラインドネス スペシャル・エディション(初回限定生産2枚組) [DVD]
「複製された男」がいまいち掴みきれなかったので、原作者ジョゼ・サラマーゴの別の映画化作品である本作を鑑賞。全世界失明、という衝撃的な設定。手探りで街を徘徊する人々の姿は、さながらゾンビ。パニック映画というより、世紀末的世界におけるヒューマンドラマの趣。突然視力を失った人々の戸惑い、隔離施設での荒んだ生活、徐々に剥き出しになる欲望などが静かにゆっくりと描かれる。「なんで彼女だけ見えるの?」「なんで突然失明したの?」と突っ込みたくなるが、恐らくこれは突如人類が試練を与えられ、再生・再起する物語なのかも。
鑑賞日:08月15日 監督:フェルナンド・メイレレス
複製された男複製された男
ちょっと一筋縄ではいかない。自分と瓜二つの人間の存在を知り、実際に会ってみるが…というストーリー自体には別段新奇さはない。ところがコメディにもミステリーにもホラーにもならず、なんだか始終不穏な空気を孕んだまま進行。正直一回観ただけではつかみどころがわからない。物憂げで無機質なマンション群、判で押したような生活の反復がセピア調の脱色されたような映像で描かれる。これは再生の物語か?しかし主人公の再生は決してハッピーではない。監督の他の作品も観てみたい。あと、メラニー・ロランが美しい。
鑑賞日:08月14日 監督:デニ・ヴィルヌーヴ
コンプライアンス -服従の心理- [DVD]コンプライアンス -服従の心理- [DVD]
倫理観を逆撫でしてくる観ていてあまり気分はよくない作品。人は自分が正しいと信じた人や概念に従っていると盲目になってしまう。決して他人事ではない。誰しもが加害者になり得る(し、被害者にもなり得る)。実際にあった事件ということで、おそらくかなり念入りにリサーチしてるのが、事件の経過を客観的に捉える丁寧な演出から伝わってくる。が、いまいち映画としては物足りない。フィクションでもいいからも少し踏み込んでほしい。手の込んだ再現映像、といった感じ。ファストフード店のきっちりした描き方なんてなかなか見応えあったのに…
鑑賞日:08月11日 監督:クレイグ・ゾベル
ヘンゼル&グレーテル [DVD]ヘンゼル&グレーテル [DVD]
これは劇場未公開が惜しいアクションホラーの佳作。今時ここまで潔くキャラやストーリーを掘り下げずに、悪い魔女をひたすら退治するだけのアクションに特化した姿勢が清々しい。童話世界らしいファンタジー色は微塵もなく、銃器をぶっ放したり、スコップで殴り合う肉弾戦あり、人体損壊描写は爽快感すら感じさせる。尺の短さも含めパンキッシュなホラー。「ブレイド」シリーズやカーペンターの「ヴァンパイア/最期の聖戦」なんかを想起させる。R15指定だけどこういうの中学生男子大好きだと思う。
鑑賞日:08月10日 監督:トミー・ウィルコラ
デンジャラス・バディ [DVD]デンジャラス・バディ [DVD]
再鑑賞。続編への振りは十分。ぜひパート2を!
鑑賞日:08月10日 監督:ポール・フェイグ
オースティンランド 恋するテーマパーク [DVD]オースティンランド 恋するテーマパーク [DVD]
ジャレッド・ヘスの奥さんジェルーシャ・ヘスの初監督作。夫婦揃って脱力気味なコメディ撮るのかと思ったら、こちらは割とロマンチックなラブコメ。しかもハッピーエンド。夢と現実の境がなくなる30代女性を突き放すことなく、温かくコミカルに描くところに監督の人柄がにじむ。ジェイン・オースティンのコスプレ世界で紳士淑女の恋愛ゲームを楽しむって設定は変わってて面白いけど、ホストクラブみたいなもんか、と。まあ、でもこれといって引っかかるところがなかったかな。
鑑賞日:08月03日 監督:ジェルーシャ・ヘス
LEGO®ムービー ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付)  [Blu-ray]LEGO®ムービー ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
映画館で観て子どもとともに楽しみ、Blu-rayを購入。自宅の貧弱なAV環境では映画館での迫力に敵わないけど、それでも十二分に面白い!2014年上半期のベスト5の一本!誰もが素晴らしいアイデアを持っている!もっと自由に、もっとクリエイティブに!というちょっと気恥ずかしいテーマではあるけども、これこそレゴの本質であり、そこをエンターテイメントとしてテンポよく、巧みに表現している。つい最後はウルッときてしまう。傑作!
鑑賞日:08月02日 監督:フィル・ロード&クリストファー・ミラー

鑑賞メーター