読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

ワークチェアを買った~IKEAのMARKUS組み立てた

誕生日プレゼントという名目で年に一度自分のために大きな買い物をしている。

去年はベースとアンプを購入。
買ったはいいがほとんど弾いていない。
それはそれとして、じゃあ今年は何にしようか?と。
 
 
初めは自転車かカウリスマキのDVDBOXのどちらかにしようと考えていたが、突然「自室の環境をもっと良くしたい」という衝動が沸き、圏外のワークチェアが浮上、そのままプレゼント枠に決定した。
 
 
で、普段買い物はあまり好きではないので、商品を下調べするというのは煩わしくて嫌なのだが、まあ、大きい買い物ということでネットで調べてみる。
 
 
今使用しているのがダイニングテーブルとセットで買った木製の椅子なので、長時間座るのはややきつい。
イメージとしては、ゆったり背中を預けられて、アームレスト付きで、キャスター付きでコロコロ座りながら移動できる、そんな感じの椅子。
となると、まあ、オフィスチェアだとかワークチェアといった類のものになる。
 
 
全く疎いジャンルだったので、ハーマンミラーアーロンチェアだとかオカムラのバロンやコンテッサ、バウヒュッテなどなんだかスーパーカーみたいな名前がいろいろ出てきて、これらを眺めてるだけでも楽しい。
しかしどうも有名なものはそれなりに値が張る。10万を軽く超えてくる。
さすがにそこまでのものは買えない。
 
 
予算を2万以内に決め、中古オフィス家具のサイトなんかも見て、最終的にはIKEAで販売しているMARKUSというワークチェアに決める。

 

 

 

参考にさせていただいたのが以下のブログ記事↓

◆♪◆箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め AUDIO STYLE◆♪◆ : IKEAで出会えた本当に疲れないワーキングチェア♪ - オーディオレビュー

ワークチェアでここまで微に入り細に穿ったレビューが書けるものなのか、と軽い感動すら覚える。

これ以上にMARKUSのレビューを書けるとは思えないので、あとは実際購入して組み立ててみたものをちゃっちゃと紹介します。

 

 
IKEAの売り場で試座して、特に問題を感じなかったので、多少予算はオーバーしてしまったがMARKUSに決める。
帰宅して早速組み立てる。
 
 
箱を開封するとこんな感じ。
f:id:kamonpoi:20140917110159j:plain
 
 
まずは足の部分、キャスターをグッと押し込む。
f:id:kamonpoi:20140917110213j:plain
 
 
軸の部分を足に挿しこむ。特にネジなどで留めたりしない。大丈夫なのかな?とやや不安。
f:id:kamonpoi:20140917110229j:plain
 
 
座面の下に高低調整するレバーやらがついたパーツをネジでしっかり留める。
ネジはすべて同梱されてる六角レンチで締められる。
f:id:kamonpoi:20140917110257j:plain
 
 
座面を背部分とドッキング。ここもネジで留める。
f:id:kamonpoi:20140917110417j:plain
 
 
あとは足と繋げて、アームレストをネジで留めれば完成。
組み立て時間は大体1時間くらい。
f:id:kamonpoi:20140917110440j:plain
 
 
軸の部分が挿しこむだけなのでやや不安だったけども、なかなか安定感がある。
ヘッドレスト、アームレストの位置は調節できないので、背の低い人にはちょっと不向きかも。
僕は170㎝でちょうどよい。座面の高さも一番低くしている。
機能としては、座面の高さ調節、バックシートのテンションの調節、バックシートの位置の固定がある。
 
 
狭い部屋なもんで、実際置いてみるとものすごい存在感を発揮。
カラーバリエーションが赤、青、緑とあったけども、革製の黒をチョイスしたのは、多少汚れてもサッと拭けるかな、という思惑があって。
 
 
いまのところ非常に満足しているけども、ごちゃごちゃした部屋にこの椅子が浮いた感じになってるので、も少し見合った形に部屋を片付けたいものだな、と。