読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

6月に観た映画あれこれ~「マッドマックス」祭だったけれども、実は「シェフ」も傑作!

2015年も半分が終わり、twitterで上半期ベストなぞをちらほら見かける。

ひとのベストは面白いのに、自分で作るベストはたいして面白くない。

そもそもベストを選出できるほど新作を観ていないので、上半期ベストは控えておくことにしました。

 

 

で、毎月恒例の観た映画まとめ。

6月は一言で言えば「マッドマックス」祭。

うちの子からうつされた「マッドマックス」熱の影響で、「午後のロードショー」における「マッドマックス」過去三作の復習に始まり、SNSにおける絶賛評の煽り、うちの子の「マッドマックス」レゴ作品の反響を受け、そして新作「マッドマックス 怒りのデス・ロード」鑑賞(3D・ドルビーアトモス)へと繋がる。

実際、鑑賞というよりも体験に近い映画鑑賞はなかなかに衝撃的であった。

 

 

それ以外では久し振りにアメリカンコメディに回帰して、見逃していた作品を拾い始める。

で、「マッドマックス」は別枠として、実は、この6月で一番面白かった作品は、「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」!

普段はひねくれた映画が好みなんだけども、年なんでしょうか、ストレートにハッピーな作品に心打たれてしまった。

あと、是枝作品じわじわきてます。

 

 

6月の鑑賞メーター
観たビデオの数:19本
観た鑑賞時間:2055分

歩いても歩いても [DVD]歩いても歩いても [DVD]
じんわりと愛おしさと恐ろしさが滲みだしてくる家族物語。面白かった。とある家族が実家に帰省した二日間を、日常的なシーンだけで描いて見せているだけなのに、生の残酷さ、不思議さ、ままならなさ、そうしたものをすべて内包している。噛みしめるほどに味わいが深まってくるだろう作品。どんなジャンル映画に滑り落ちることなく、それでいてあらゆるジャンル映画に通じるようにも見える。家族を描くというのは、映画の、ドラマの基本なのかも、とすら思う。おばあちゃん役の樹木希林がとんでもなく恐ろしい。
鑑賞日:06月30日 監督:是枝裕和
シェフ 三ツ星フードトラック始めました(初回限定版) [DVD]シェフ 三ツ星フードトラック始めました(初回限定版) [DVD]
これは素晴らしい!映画館で観たかった。間違いなく上半期ベスト3に入る一本!一流の腕とプライドを持ちながらオーナーに頭が上がらず、はずみで批評家に売った喧嘩が元で解雇されたシェフが、原点に立ち返りカムバックするまでのストーリー。でも見返してスカッとする類の話ではなく、息子との交流を軸に描いていて、観終わった後にただただハッピーになれる作品。ハリウッドスターを配しながら全然嫌味がなく、テンポは抜群にいいし、脚本に無駄がない。料理やラテン系の音楽などのスパイスも目に耳に楽しく絶品!傑作です!
鑑賞日:06月29日 監督:ジョン・ファヴロー
ホドロフスキーのDUNE [DVD]ホドロフスキーのDUNE [DVD]
スター・ウォーズ」など数々の名作SFの源流に、ホドロフスキーによる未完の大作「DUNE」があった!といっても映画史的な検証を主にしたマニアックな作りにはなっていない。製作当時まだ無名に近い若い才能(ギーガーやオバノン)、そして大御所(オーソン・ウェルズ、ダリなど)を口説き落とし、彼らを魂の戦士と呼び、壮大なスケールのSF映画を企てる。なんか「プロジェクトX」的。語るホドロフスキーのにこやかな表情が印象的。失敗したからってだからなんだ!アートへのロマンを捨てられない人たちに刺さる一本。
鑑賞日:06月27日 監督:フランク・パヴィッチ
ジゴロ・イン・ニューヨーク コレクターズ・エディション [初回限定生産]アウタースリーブ付 [DVD]ジゴロ・イン・ニューヨーク コレクターズ・エディション [初回限定生産]アウタースリーブ付 [DVD]
タトゥーロ贔屓で鑑賞したけども、これはイマイチ。品のいいエロチックなラブコメっぽくはあるんだけど、とにかくテンポが悪いのと、キャラの輪郭がどれもモヤモヤしていて、入り込めない。突然ローアングルがはさまれたりとかどこか演出に青臭さがあるのも興を削がれてしまう。ただ出演者はそれなりに実力派ばかりなので一応は観られる。
鑑賞日:06月25日 監督:ジョン・タトゥーロ
マッドマックス 怒りのデス・ロードマッドマックス 怒りのデス・ロード
巷の熱狂も頷ける、とにかく半端ない疾走感で息つく間もなくアクションのつるべ打ち。もしくは疾走、大破、爆発で綴る映像詩の趣。R15にしないで小中学生にも観てもらいたい、これぞ血湧き肉躍る映画!ストーリーは荒廃した近未来を舞台にしながら、希望を求めて彷徨う人々が、結局今まで住んでいた地で希望を見つけないでどうする?と気付く、現代の世界を寓話的に描いていて、ある意味ものすごく真っ当でわかりやすい。でもあれこれ言わずにまずは体感せよ!そんな作品。爽快!
鑑賞日:06月24日 監督:ジョージ・ミラー
我が家のおバカで愛しいアニキ [DVD]我が家のおバカで愛しいアニキ [DVD]
面白かった。けど、良くも悪くもソツのない優等生的家族映画。主人公のネッドは世間一般の大人像に照らし合わせたら変わり者なんだけど、要は子どもの頃の素直な心を持ったまま成長してしまっただけ。体裁を取り繕うばかりの姉妹には兄貴のバカ正直さが疎ましいんだけど、結局は彼の素直さに助けられる。ほどよく笑って泣けるし、アメリカの最近のこの手の映画にしては下品でもないので割と安心して観られる。甥っ子視点から見たら「ぼくの伯父さん」だよね。両親が変人だと苦労しそうだけど、親戚にこういう変人が一人いてほしい。
鑑賞日:06月22日 監督:ジェシー・ペレッツ
海街diary海街diary
正直「誰も知らない」や「そして父になる」ほどには捉まれなかった。なごやかな鎌倉での4姉妹の日常を、四季の移り変わりを通して柔らかく描く。時折のぞく実父、実母への想い、しかし彼女らは異性との交際を進展させず、自らの幸せにこだわらず、子どものまま。葬式(内一つは法事)が3回も描かれるのに、結婚式はついぞその影すら見せない。彼女たちは今後も幸せにあの鎌倉の家で暮らし続けるのだろうか?あえてそんな悲観的なことも考えたくなるほど、暗さがないのがユニーク。しかしなんといっても広瀬すずを美しく撮るための映画なのである。
鑑賞日:06月21日 監督:是枝裕和
FRANK フランク [DVD]FRANK フランク [DVD]
よかった。数年後にはカルト的な愛され方をしそうな切なく酸っぱい青春残酷物語。被り物を決して脱がない病んだボーカル=フランクと売れることになんの執着もないメンバーたちが紡ぐアートロックな音楽も割とツボ。前半小屋に籠ってのアルバム作りはオフビートなコメディぽい。後半、中途加入した凡人ジョンが、フランクの才能を世に知らしめたいがために取る行動が、バンドとフランクを崩壊へ導く様はなんとも痛ましい。瓦解の後に再び顔を合わせたメンバーが演奏するライブはじんと来る。
鑑賞日:06月21日 監督:レニー・アブラハムソン
マッドマックス~サンダードーム~ [DVD]マッドマックス~サンダードーム~ [DVD]
午後ロー録画鑑賞。これで一応「怒りのデス・ロード」へ向けての復習は済んだかな。マックスは巻き込まれ型ヒーローということでは、「ダイ・ハード」シリーズのジョン・マクレーンの元祖なんだな。盗まれた車を取り返しに行った町で覇権争いに巻き込まれ、追放されて流れ着いた集落では逃げ出した子どもたちを連れ戻しに出かける羽目に。シリーズならではのディストピアなビジュアルとラストのカーチェイスはやっぱり楽しい。本作観ると「ベイブ」の見方が変わりそう。
鑑賞日:06月21日 監督:ジョージ・ミラー
サンダーボルト [DVD]サンダーボルト [DVD]
午後ロー録画で。面白い!所々ガクッとくるような展開(金庫破りの前に普通に仕事して金を稼ぐとか、バズーカみたいので金庫破壊するとか)もあるけど、それもご愛嬌。汗みどろのおっさんたちが反目しながら強盗やらかすという小ぶりなアウトローっぷりが楽しい。若造ライトフットと引退していた強盗サンダーボルトとのバディものでもあるが、それほどエモーショナルな結びつきが描かれてないのが個人的には好み。ジェフ・ブリッジスイーストウッドなんて今観るといい味わい。砂煙を上げる車、ジョージ・ケネディの渋いパンチ、グッとくる。
鑑賞日:06月19日 監督:マイケル・チミノ
荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~ [DVD]荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~ [DVD]
イマイチかな。「テッド」ももひとつノレなかったので、多分セス・マクファーレンのコメディセンスとは合わないんだろうな。音楽といい撮影といいストーリーといい古き良き西部劇への愛情感じるオマージュに溢れながら、下ネタギャグを散りばめる。バランスはいいと思うけど、それ以上に迫るものがなかった。
鑑賞日:06月18日 監督:セス・マクファーレン
マッドマックス2 [DVD]マッドマックス2 [DVD]
実は初見。午後ロー録画で。いまだ熱狂的信者がいるのも頷ける濃密なマッド。何がマッドって、走れ!奪え!戦え!逃げろ!とひたすらアクションしか追求してないとこ。世界観や登場人物の目的の説明がほとんどされないのも清々しい。ラストのチェイスはやっぱり大画面で観たい。ディストピアな設定で、絶望も悲愴もなくただただ爽快なカタルシスを残すというのが素晴らしい。
鑑賞日:06月18日 監督:ジョージ・ミラー
マッドマックス [DVD]マッドマックス [DVD]
熱いな。出演者が皆俳優というより本物の無頼漢に見える。そう思わせるだけの熱量を感じる。大破する車、バイクの美学。リベンジものにしては思ってたほどエモーショナルな感じがなく、どことなくドライ。でもそれが荒涼とした大地とマッチしている。意外とメル・ギブソン大人しめな印象。
鑑賞日:06月16日 監督:ジョージ・ミラー
ネイバーズ 無修正バージョン [DVD]ネイバーズ 無修正バージョン [DVD]
セス・ローゲンエヴァン・ゴールドバーグが絡んでると結局ブロマンスものに落ち着くように見える。いつまでもバカやってたいけど、そうもいかないよね実際、というしんみりした味わいあり。
鑑賞日:06月14日 監督:ニコラス・ストーラー
激突! スペシャル・エディション [DVD]激突! スペシャル・エディション [DVD]
鑑賞日:06月07日 監督:スティーブン・スピルバーグ
フィンランド式残酷ショッピングツアー [DVD]フィンランド式残酷ショッピングツアー [DVD]
外国へ買い物ツアーに行ったら食人鬼に襲われた、というシンプルな話をPOVで撮った作品。これといった捻りもなく、不条理さからくる恐怖も薄い。親子の絆みたいなドラマを織り込んでPOVのダルさを克服しようとしてるようには見受けられるが、よくある親子ゲンカをただ見せられてるだけ。フィンランドから抗議がきそうなとんでもない設定を、もっとブラックな笑いに活かしたらも少し骨を感じられたけど…
鑑賞日:06月07日 監督:ミハイル・ブラシンスキー
ハンガー・ゲーム2 [DVD]ハンガー・ゲーム2 [DVD]
続編も「午後ロー」録画で鑑賞。最新作公開に合わせて1、2放映の「午後ロー」が素晴らしい。とはいえ枠に収めるのに30分くらいはカットしてる計算。強引にチャンピオン大会みたいな流れになり、もはやジュブナイルぽさも薄れる。前作同様サバイバルゲームが始まるまでが長い。「マトリックス」シリーズみたいな展開もなんか拍子抜け。
鑑賞日:06月07日 監督:フランシス・ローレンス
ハンガー・ゲーム [DVD]ハンガー・ゲーム [DVD]
「午後ロー」で録画鑑賞。これが21世紀のジュブナイルなんだろう。大人抜きで、もしくは大人に逆らって、いかに生き抜いていくかがジュブナイルの核。「十五少年漂流記」から変わってない。格差やメディアを皮肉っているあたりが今時というくらい。サバイバルゲームに入るまで長いのが、エンタメにしてはちょっとだるい。
鑑賞日:06月07日 監督:ゲイリー・ロス
22 ジャンプストリート [DVD]22 ジャンプストリート [DVD]
ちょっとゴチャゴチャしすぎだけど面白かった。前作の高校に続き今回は大学へ潜入捜査。捜査内容はまたしてもドラッグ絡み。「舞台変わっただけで同じじゃん!」というツッコミを自らネタにしたメタコメディの作りになってて、「スクリーム」シリーズを彷彿とさせる。そうしたギャグを散りばめながら、今回は学園ものテイストよりもブロマンステイストを前面に出す。前作もテイタムとジョナ・ヒルの友情は描かれてたけど、今回は愛情へと高まっている。これもギャグのひとつかもしれないけど。ラストの「パンチかキスか?」のバトルが最高!
鑑賞日:06月06日 監督:フィル・ロード

鑑賞メーター