船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

8月に観た映画あれこれ~オールタイムベストやら近作拾い物やら

7月はさぼってしまったんだけども、まとめったってそんなたいした作業でもないのにね。

8月は映画館で3本鑑賞、あとは自宅でDVDや地上波放映を鑑賞。

子どもが夏休みでいっしょにいる機会が多かったので、自分の趣味のものがあまり観られませんでした。

「橋」「ブルーベルベット」はオールタイムベストに入る作品。

ぼくはあまり同じ作品を繰り返し観るということをしてこなかったんですけど、心に残る作品は何度でも観ようと今更思い直している。

8月に観た最近の作品では、「フレンチアルプスで起きたこと」「プリデスティネーション」「ランダム」が断然面白い!!!

シニカルで独特な感性の作品が好きな方は「フレンチアルプスで起きたこと」を、娯楽性の高いジャンルものが好きな方は「プリデスティネーション」を、知的刺激をくすぐられたい方は「ランダム」をお勧めします。

 

 

8月の鑑賞メーター
観たビデオの数:14本
観た鑑賞時間:1570分

フィアー・エックス [DVD]フィアー・エックス [DVD]
再見。う〜ん、不穏なムードたっぷりで惹きつけられはするんだけど、もひとつフックが弱くて眠たい。ジョン・タートゥロ好きにはたまらなくはあるけど。モールの警備員が妻殺しの犯人を独自に追い、ついに手がかりをつかんである女性の素を訪ねるが…。話は面白そうだけど、結局思わせぶりばかりで、サスペンスとしてはすかされてしまうのでモヤモヤが残る。デヴィッド・リンチが撮った「ダーティハリー2」みたいな感じ。防犯カメラの映像や赤い壁のホテルなどのフェティッシュな映像が見所かな。
鑑賞日:08月30日 監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
ランダム 存在の確率 [DVD]ランダム 存在の確率 [DVD]
これは発想の勝利!すごくクレバーなSFの良作!彗星の近づく夜、8人の男女がハウスパーティーを楽しんでいると、不可解なことが次々と起こり…パラレルワールドを題材に、徐々にカオスに陥っていく展開にまんまと引きずり込まれる。ワンシチュエーションのソープオペラ風演出とハードSFとの掛け合わせもなかなか妙味。この監督の次作が楽しみ。
鑑賞日:08月29日 監督:ジェームズ・ウォード・バーキット
プリデスティネーション ブルーレイ&DVD セット (初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]プリデスティネーション ブルーレイ&DVD セット (初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]
面白かった。時空捜査員がタイムトラベルを繰り返し、爆弾魔の逮捕と後継者の育成という2つの目的を果たそうとする話。始まってから1時間くらいはほとんど前フリで、伏線として重要とはいえちょっと長くてタルいが、その後30分くらいは「なるほど」「そうきたか」とパーツが繋がっていく快感が一気に噴出。全体的に地味ではあるけど、タイムトラベルものSFとして語り継がれる作品になるだろう一本。サラ・スヌークの仕事が素晴らしい。
鑑賞日:08月23日 監督:マイケル&ピーター・スピエリッグ
ブルーベルベット <特別編> オリジナル無修正版 [DVD]ブルーベルベット <特別編> オリジナル無修正版 [DVD]
オールタイムベストの一本。久し振りに鑑賞。美しくて、黒い。やっぱり最高。リンチ作品の中でも一番好き。「最後に愛は勝つ」みたいなオチで終わるんだけど、そこに違和感を残すところにリンチの意地悪さが出てる。
鑑賞日:08月22日 監督:デイヴィッド・リンチ
ザ・ゲスト [DVD]ザ・ゲスト [DVD]
癖のあるジャンルレスミステリー、とでも言うか。戦死した息子の同僚であり友人と名乗る男が家族の前に現れ、家族の問題を過激に解決していくが…。といった話。前半はなかなかミステリアスな雰囲気があって引き込まれるが、後半、前出あらすじの「…」の部分から、SFやらアクションやら80年代スラッシャーやら、まあ、いろんな色が出てきてほとんどコメディの様相。で、全体としてはB級臭がプンプン。これは狙いであり、この監督の味なんだろうけど、なんか上手すぎるというか、あざとすぎてちょっと乗れないとこがある。
鑑賞日:08月22日 監督:アダム・ウィンガード
フレンチアルプスで起きたことフレンチアルプスで起きたこと
好きなタイプ。リゾート地でたまの家族サービスをする夫トマスは、人工的に起こされた雪崩に恐れおののいて妻子を置いて逃げ出してしまう。夫婦間の信頼にひびが入り、トマスは次第に追い詰められていく。夫婦ともに関係を修復したい、いや、でも相手を理解することなどできない、などといった心の揺らぎを、ゲレンデやリフトなどのインサートカットで不穏に暗示する。音のディテールへのこだわりが緊張感を高める。と同時にコミカルでもある。「ゴーン・ガール」以上に夫婦で観ると一悶着起こりそう。ラストのそろっとひっくり返す感じがいい。
鑑賞日:08月21日 監督:リューベン・オストルンド
チャイナタウン [DVD]チャイナタウン [DVD]
味わいのあるフィルムノワールコーエン兄弟デヴィッド・リンチの原風景を観るような。ダムの利権に絡んで起こった殺人事件に端を発し、徐々に暴かれるヒロインの恐るべき過去が、くすんだ映像と流麗な音楽で艶やかに描かれる。ただ惜しいかな、主演の2人に個人的にもひとつ色気を感じない。ジャック・ニコルソンの眉や口角が尖ってるのが、どうにも恐ろしくて…
鑑賞日:08月15日 監督:ロマン・ポランスキー
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
TOHOシネマズ日劇にて鑑賞。このシリーズは娯楽作ではあるのだけど、どこかトム・クルーズのショーという趣がある。単にトムの年齢にそぐわない容姿やアクションを楽しむというだけでなく、どういう監督と組んで、誰と共演し、どういう舞台でストーリーが展開されるのか、ひとつひとつにトムのプロデュース能力を見るのも多分大きな楽しみになっている。そういう意味では、ジャッキー映画とどっか通じるんだよな、と。概ね楽しんだけど、期待以上ではなかったかな。
鑑賞日:08月14日 監督:クリストファー・マッカリー
ジュラシック・パーク [DVD]ジュラシック・パーク [DVD]
鑑賞日:08月09日 監督:スティーブン・スピルバーグ
インド・オブ・ザ・デッド [DVD]インド・オブ・ザ・デッド [DVD]
鑑賞日:08月09日 監督:ラージ・ニディモールー&クリシュナDK
橋 [DVD]橋 [DVD]
傑作!久し振りに観たけど、完璧ですね。戦争で勇敢に戦うことを誇りと思っている少年らが、召集されていざ現実の先頭の渦中に置かれて生まれる悲劇。主役の7人の少年たちのキャラをしっかり描き分けてる脚本も素晴らしいし、彼らを演じた俳優の顔も全然可愛らしさがないとこがいい。ラストの橋の攻防直前の、戦車が徐々に近づいてくる不気味な音が鳥肌モノ。その後の凄まじい攻防も手に汗握る。反戦映画としても強烈だけど、容赦なく踏みにじられる純真さはなんとも胸が痛い。哀切なる傑作!
鑑賞日:08月08日 監督:ベルンハルト・ヴィッキ
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN進撃の巨人 ATTACK ON TITAN
2D鑑賞。原作マンガ、アニメは全く未見。うちの子の付き添いがてら、日本のVFX技術の最先端が観られる、という興味で鑑賞。冒頭の巨人襲撃パニック描写はなかなか迫力あってよかったし、巨人も不気味。ゴア描写は最低限必要なとこは見せていたけど、PG12のレイティングに適うだけのモラルを感じる(つまり悪趣味ではない)。B級テイストと青春ものを掛け合わせて「スターシップ・トゥルパーズ」のような作風を狙ってるのかな、とも思える。でも青春部分がもひとつ盛り上がらないので、惜しいなあ、という感じ。
鑑賞日:08月08日 監督:樋口真嗣
アイアンマン3 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]アイアンマン3 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
地上波放映で鑑賞。だいぶテレビ向けに編集されてるのは承知で、それでもやっぱりこのシリーズはあんまりグッとこないんだよなあ、と。主演俳優(ロバート・ダウニーJr.、グウィネス・パルトロー)が好みじゃないのと、アイアンマンのロボットスーツに萌えないのが大きい。これは個人的な趣味の違いかな、仕方ない。スターク邸襲撃やラストのバトルはさすがの迫力だったけど。
鑑賞日:08月08日 監督:シェーン・ブラック
ラスト・アクション・ヒーロー [DVD]ラスト・アクション・ヒーロー [DVD]
鑑賞日:08月02日 監督:ジョン・マクティアナン

鑑賞メーター