読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

カップヌードルのエスニックシリーズ気になるな、という話

最近マッサマンカレーばかり食べてる、というエントリを先日書きましたが、そこで触れたカップヌードルのマッサマンカレー味を食べてみました。

う〜ん、正直マッサマンカレーの味は感じられなかったですね。
甘みのあるカレー味?まずくはなかったけれども、なんかぼやっとした印象で「また食べたい」とまでは思わなかった。
ぼくの舌がある特定の店のマッサマンカレーのみを「マッサマンカレー」として強固に認識してるせいかもしれないですが。
 
 
滅多にカップヌードルなど食べないので、ついでにアジア繋がりでトムヤムクン味のも購入して食べてみました。
そしたら、こちらはおいしかった。
知らなかったのだけども、これはカップヌードルエスニックシリーズ第一弾として結構鳴り物入りで販売されて、販売当初はかなり売れて販売中止にまでなったらしい。
そうなんだ。
 
 
ほんとのトムヤムクンなんて一度食べたことあるかどうかなので、どこまで本格的かどうかは判断できませんが、辛味と酸味のバランスがいい。
特に酸っぱさが癖になる。
タイ日清との共同で商品開発してるとだけあって、かなりのこだわりがあるのでしょう。
 
 
で、調べてみたらなんでもこのカップヌードルエスニックシリーズの第二弾が本日発売みたいですね。
第二弾は、シンガポール風ラクサ。
 
 
ラクサって初めて聞くなあ。
ちょっとググってみました。
そうしたら、ココナッツベースの辛めのスープで、ダシにエビなど海鮮系を使用、麺は太めの米麺とのこと。
なんでもフォーに続くシンガポール麺だとかそんな説明でした。
 
 
本物食べる前にカップヌードルから食してみようかな、と。