船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

「岸辺の旅」を観ました

黒沢清監督「岸辺の旅」を観てきました。
黒沢清作品は好きなのですが、どこがどう好きなのか説明するのが難しい。
強いて一言で言えば、冷淡なとこでしょうか。
恐ろしいも、哀しいも、おかしいも全部ひとつの音で表現しているような感じです。
登場人物は皆似たり寄ったりであまり感情の起伏がなく、ドラマの中で起こることに反応するだけのコマのように扱われる。
と書いてみて極端なような気もしますが、ぼくが黒沢清作品に抱くイメージはだいたいこんなところです。
これを冷淡と呼んでいいのかどうか迷いますが。
で、それはネガティヴなものでなく、ぼくにとっては黒沢清の面白さとして映るのです。


さて、「岸辺の旅」ですが、これはまた面食らいました。
なんせラブストーリーですからね。
そういうエモーショナルなドラマは黒沢清監督が最も忌避するものと思ってました。
実際ご本人も「苦手だ」とインタビューで語っていましたね。


失踪した夫は富山で客死し、3年の月日を経て、妻の元へ幽霊として帰ってくる。
夫は、帰ってくるまでに世話になった人々に妻を連れて挨拶に行きたいという。
こうして幽霊の夫がこの世を去る前に、夫婦は最後の旅に出る。
という話。


黒沢清作品の面白さでもあり、物足りなさでもある要素って、対立とか拒絶といった構図がないことだと思うのですが、割ととんでもない事態を主要登場人物は易々と受け入れて、でも、やっぱりどこか受け入れきれないところ、引っ掛かるところがあって、なんだかモヤモヤしてる。
いや、どうでしょう、最近黒沢清作品観てないので、都合よく解釈してしまってるかもしれない。


まあ、本作も死者と生者が分け隔てなく生活しているというかなりシュールな世界観でありながら、ごくごく日常的に描かれているし、登場人物もそれを特に意識もせず生活している。
夫婦のいく先々では、自身のもしくは近親者の死を受け入れきれない人が出てきて、夫婦は特に意図したわけでもないが、彼ら彼女らの心に沈んでいた澱を解消していく。


題材としてはすごく日本人受けしそうなんだけどな。
深津絵里演じる妻の、夫に対する献身さ、一途な愛情なんかも心を打つ者がある(ちょっと古臭い感じもするけど)。


でもやっぱり、死者と生者との境界の曖昧さとか、死を乗り越えた先になんら変化を示さないとかは、多くの観客には「わかりづらい」というか「物足りない」と思わせてしまいそう。


ぼくは正直もうひとつ乗れなかった。
ラブストーリー、メロドラマをやるにしても、ここまでひねらないとならない理由がよくわからない。
死と生との扱われ方が、最初に浅野忠信演じる夫が幽霊として現れてから、本作を通じてずっと同じように思えて、なんだか驚きがなかった。


とはいえ、外連味のある照明とか、カーテンを揺らす風、部屋の暗がりの不気味さなど黒沢清監督ならではの、ゾッとするようなショットもあり、こういうところはニヤッとする。