船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

「セッション」観ました〜痴話喧嘩のようでしたね

先日ようやくDVDにて「セッション」を観ました。


面白かったですけども、それほど興奮したということもない、というのが率直な感想です。


名門音楽院に入学したニーマン(マイルズ・テラー)は、音楽院を代表する名物教授フレッチャー(J・K・シモンズ)が指揮するバンドにドラマーとして見初められて入団する。
ニーマンは憧れのバンドに入り、野心を燃やすが、フレッチャーの狂気の指導に次第に追いつめられていく。
といった話ですね。


見所は、フレッチャーを演じて米国アカデミーの助演男優賞を獲ったJ・K・シモンズの熱演。
彼がジャズ・ミュージシャンに見えるかどうかは別として、ニーマンを追い詰める役としては非常に説得力がある。
ジャズの素人から見れば、ニーマン演じたマイルズ・テナーのドラム演奏も熱いものを感じます。
彼のどこか柔い表情が歪んだりするのが、良い効果になってると思います。
でも、ジャズドラマーってもっと涼しい顔して叩いてるイメージですけどね。


ジャズバンドを舞台にした熱血師弟対決、ニーマンの血と汗に塗れた青春物語という感じでぼくは観ました。
ただ、ラストは結構驚きましたね。
あ、ネタバレはしますよ。


音楽院を辞めたニーマンとフレッチャーが再会し、フレッチャーはニーマンを新しいバンドの一員に誘う。
ニーマンはフレッチャーの熱い教育哲学にほだされてその誘いを受けるのですが、まさか、演奏の舞台上でとんでもないしっぺ返しを食らう。
フレッチャーは、ニーマンにだけ演奏する曲目を別の曲だと知らせていたのだ。
演奏が始まるが、ニーマンはその曲の楽譜もなく満足に演奏できない。


ぼくはここでフレッチャーがニーマンに囁く一言で、なんだか笑ってしまいました。
「お前がチクったな」。
つまりフレッチャーは、ニーマンがフレッチャーのパワハラに対して音楽院に告発したことを根に持っていたわけです。
あ、これはサイコ映画だったのか、と。
ジャズとか音楽とかあんまり重要な要素じゃなかったんだな、と。


さらに驚いたのがですね、フレッチャーの企みにまんまと引っかかったニーマンはいてもたってもいられなくなって舞台袖に引き下がるのですが、再び決意を秘めて舞台に戻ってくると、自ら曲を演奏し始め主導権を握ります。
困惑するフレッチャー。
「俺が合図を出す」と命令するニーマン。
舞台でかかされた恥は、同じ舞台でやり返す。
ここでのニーマンの鬼気迫る演奏はこの作品の大きな見所です。


最初は困惑、そして怒りを感じていたフレッチャーですが、次第にニーマンの演奏に高揚し、最後はなんだか射精した後のような妙な恍惚とした表情を見せます。


あえて「射精」だなんて言葉を使ったのは、あ、そうか、この作品はフレッチャーとニーマンが同性愛的な関係にあって、ずっと2人は痴話喧嘩をしていたんだな、と納得してしまったからです。


フレッチャーのツンデレに愛想が尽きたニーマンは、後ろめたさはあったものの彼を失職させる。
フレッチャーは、自分のキャリアを棒に振ってでも、大事なステージでニーマンにただ恥をかかすために、別の曲目を伝えるという復讐を実行する。
しかし思わぬニーマンの反撃に遭う。
それまでお互い素直になれなかったけども、この最後のステージで2人は音楽を介して結ばれる。

フレッチャー「お前も成長したな、そんなテクニシャンとは」
ニーマン「これも先生のおかげです」
という非常に低俗なやりとりがエンドロールの向こうから聞こえてきそうな気がします。


熱血音楽ドラマとか、ジャズ映画とかよりも、ぼくにはひねくれ者たちの痴話喧嘩という方がなんだかしっくりきました。