読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

気まぐれつけ麺メモ①〜三代目まるは極

食べ物

先日、終電間に合わなかったもので、それならいっそつけ麺でも食べて帰ろうか、ということにしまして。

その前になぜつけ麺か、ということですが、ぼくはあまり食に関してはこだわりがないのですが、昨年、「三田製麺所」でつけ麺を食べて、「あ、こんなうまいつけ麺食べたの初めて」と軽く感動しまして、それ以来機会があればつけ麺を食べるようにしてるのです。
 
 
といっても、もう一度強調しておきますと、ぼくはあまり食に関してはこだわりがないので、毎週のようにあちこち有名なつけ麺店を調べて食べ歩く、という趣味はないのです。
たまにあまり行ったことのない地でランチを迎えたりすると、近くにつけ麺出す店ないかな?と探す程度なのです。
 
 
なので、つけ麺好きなクセにあの店のつけ麺食べてないの?ということは大いにあります。
 
 
ぼくにとってはつけ麺は「三田製麺所」だけでOKという気持ちが強いのですが、せっかくつけ麺に少し関心が向いたので、他の店のも食べてみたい、という欲求もやっぱりあります。
 
 
ということで前置きが長くなりましたが、タクシー乗って帰宅する前に、京成船橋駅近くの「三代目まるは極」というラーメン屋で濃厚鶏白湯つけ麺をいただきました。
 
 
ラーメン居酒屋みたいな感じの店で、0時を回っていたにもかかわらず、学生らしき団体が酒飲んでたりして賑やかでしたね。
ひとり、カウンターでつけ麺食べてるのがなんとなく気恥ずかしい。
 
 
錦爽鶏というブランドの鶏を出汁に使ってるというのを売りにしていました。
つけ麺のトッピングにもチャーシューといっしょに蒸し鶏が一枚乗ってたのですが、これがそうだったのかしら?
オーバルな器に平打ちの麺と小松菜、チャーシュー、蒸し鶏、のりがきれいに盛り付けられていて、見た目においしそう。
で、実際にとてもおいしかったですね。
麺も独特。4種類の小麦をブレンドした、と説明書きがありました。ブレンドすると味が良くなるのでしょうか?
きしめんみたいでした。でもほどよくつけ汁と絡んでおいしかった。
 
 
味の説明下手なんでしません。
濃厚っていってもどこかさっぱりした感じがありました、とだけ言っておきます。
あと、柚子胡椒をつけて食べるのが新鮮だった。
 
 
880円。満足でした。
このお店はまた来てみたいと思いました。
 

三代目麺処まるは極 - 京成船橋/ラーメン [食べログ]