船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

「映画秘宝」12月号は充実!〜「悪魔のいけにえ」、柳町光男、VOD戦線など

映画秘宝」12月号を読みました。
今回は「究極のこわい映画」という特集で日本公開40周年を迎えた「悪魔のいけにえ」(表紙はレザーフェイス)や「ジョーズ」、一悶着がありながらも来月いよいよ公開されるイーライ・ロス監督「グリーン・インフェルノ」に絡めて食人映画史などを取り上げてます。
まさに「映画秘宝」でしかできない特集。
これは買わないわけにはいかない。

映画秘宝 2015年 12 月号 [雑誌]

映画秘宝 2015年 12 月号 [雑誌]




ぼくは、トビー・フーパー監督作品なら、「悪魔のいけにえ」よりもテレビ映画ですけども「死霊伝説」が好きなんですね。
スティーブン・キング原作「呪いの町」のドラマ化作品です。
全てを観ているわけでは全然ないですが、スティーブン・キング作品で映像化されたものの中では「死霊伝説」がベストだと思っています。


正直「悪魔のいけにえ」は世間の、というかホラー映画ファン、カルト映画ファン(という言い方は変ですが)の熱烈な入れ込みようにほだされている感が強いです。
それでも、40周年記念ということで今度4KリマスタリングされたBlu-rayが出るので、これを購入して再度鑑賞しようと思います。
考えが改まるかもしれない。


映画秘宝」の話に戻りますが、メイン特集以外にも、釜山映画祭、カナザワ映画祭のレポート、柳町光男監督へのインタビューも読み応えありました。
「ゴッド・スピード・ユー! BLACK EMPEROR」は前々から観たいと思ってたのですが、観ようとする努力を怠ってきたので、再販を機にぜひ観てみたいものです。

ゴッド・スピード・ユー!BLACK EMPEROR [DVD]

ゴッド・スピード・ユー!BLACK EMPEROR [DVD]




今年になってにわかに活気を帯びてきたVODに関する記事も良かったです。
あれもこれも観られる、という環境って案外ぼくは苦手なんですよね。
バイキング形式と同じで、なんか残ってる食材がもったいなくなってきて必要以上に食べて気分悪くなる。
VODも加入してみたら、実はそれほど観なくてもいいものを観てしまったりしてしまうんじゃないか、という危惧があります。
とはいえ、そろそろ無視できなくもなってきたので、どれか試しに加入してみようかな、という気もしてきてます。
そういった参考になりました。