船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

10月に観た映画あれこれ~「バクマン。」「サンセット大通り」「ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ」

10月は映画館では黒沢清監督「岸辺の旅」と大根仁監督「バクマン。」の2本。

近場で観られる映画しか観れてないです。

でも「バクマン。」は面白かった。

マンガを映画にするのって難しいと思うのですが、大根監督は取り上げ方、まとめ方、見せ方がうまいです。「モテキ」も面白かったし。

ぼくはどちらも原作読んでませんが、原作知らなくても楽しめる、また映画観た後に原作読んで補完しなくても楽しめるという作り方はやはりかなり高度だと思う。

 

kamonpoi.hatenablog.com

 

 

その他ではビリー・ワイルダー監督「サンセット大通り」とフランク・オズ監督、スティーブ・マーチン主演「ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ」が素晴らしかったですね。

 

kamonpoi.hatenablog.com

 

kamonpoi.hatenablog.com

 

 

10月の鑑賞メーター
観たビデオの数:18本
観た鑑賞時間:1788分

ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ [DVD]ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ [DVD]
傑作!久し振りに観たくなって借りたけど、やっぱり素晴らしい!プロのペテン師とケチなサギ師がプライドを賭けて標的の女から金を騙し取ろうとする話。コンゲームものとしても秀逸だけども、品のいいコメディ映画でこれに勝る作品はなかなかない!主演のスティーブ・マーチンマイケル・ケインも最高!どこを取っても多幸感に溢れてる!
鑑賞日:10月28日 監督:フランク・オズ
マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
きたね、Blu-ray。うちの貧弱なAV環境では、劇場の臨場感とは比べものにならないけれど、それでもぐっと拳に力が入るカーチェイスの連続。空の青、砂漠の黄色、砂塵を上げる改造マシン軍団、この画だけで何杯でもいける。やっぱりニュークスがかっこいい!
鑑賞日:10月25日 監督:ジョージ・ミラー
エヴァリー [DVD]エヴァリー [DVD]
子どもが借りてきたのを一緒に鑑賞。ヤクザの情婦が組織を裏切ったら、殺し屋がわんさと訪れて返り討ちする話。とくに捻りもなく清々しいくらいシンプル。娼婦のヒロイン(サルマ・ハエック)が捕らわれてる(?)部屋だけを舞台としたシチュエーションアクションもの、というのが本作の面白いところ。ただ、あんまりその設定が面白く転がってかないのが残念。コメディっぽいとこもあるけど、なんか滑ってる。
鑑賞日:10月25日 監督:ジョー・リンチ
ピッチ・パーフェクト [DVD]ピッチ・パーフェクト [DVD]
う〜ん、いまいちだったかな。アカペラのパフォーマンスはどれも見応えあったし、ラストのベラーズによる生まれ変わったパフォーマンスは「セッション」のラストの演奏よりも楽しくて好きだけど、学園もの、スポ根ものとして見ると、話がちょっと平板。部長のオーブリーが頑固に伝統に固執し、何かとベラーズにストレスを与え続けるのが終盤まで続くので、やや退屈。その割にはラスト、コロッと新生ベラーズ誕生になるのでちょっと驚きに欠ける。個性的なメンバーももう少しストーリーに絡ませて活かしてほしかった。この辺は2に期待かな。
鑑賞日:10月21日 監督:ジェイソン・ムーア
ファイナル・デッドコースター 通常版 [DVD]ファイナル・デッドコースター 通常版 [DVD]
鑑賞日:10月18日 監督:ジェームズ・ウォン
モンスター上司2 ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]モンスター上司2 ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
これは乗れなかった…人にこき使われるのはまっぴらというんで起業した3人は、自分たちが発明したシャワーヘッドを大手通販会社に特許ごと騙し取られる危機に陥り、その会社社長の息子を誘拐して身代金をいただく計画を立てるが、という話。始終ベッタリの3人が、ひたすらコントを演じてる印象。現場の雰囲気がよく、ノリノリでギャグを生み出してる感じは伝わってくるけども、なんか正直ついてけないんだよね。ギャグも下ネタと状況を理解できないボケばかりだし、とにかくうるさい。チャーリー・デイの甲高い声は耳障り。残念。
鑑賞日:10月16日 監督:ショーン・アンダース
バクマン。バクマン。
楽しかった!原作未読だけでも、かなりの大ナタを振るって効率よく刈りこんだだろうストーリーをテンポよく軽快に見せてくれる。音楽を入れるタイミングも気持よく、とにかく観客を乗せる作りに徹しているところがよかった。キャストはタイプキャストのきらいはあるけども、全然嫌味も違和感もない。特に神木隆之介染谷将太は日本の若手俳優筆頭であることを確信。ひとつ難点を挙げれば、サイコ―とシュージンの友情をもう少し描いてもよかった気がする。美術、エンドロールの凝りようは凄い。
鑑賞日:10月14日 監督:大根仁
岸辺の旅岸辺の旅
う〜ん、正直期待してたほど乗れなかった。死んだ夫が幽霊となって帰ってきて、夫婦で最後の旅に出る。黒沢清監督には珍しく(これでも)かなりエモーショナルに撮られている。でもメロドラマにしてはかなり変化球で、玄人好みのような仕上がり。所々恐ろしくも美しいショットは健在。大友良英はああいうベタな音楽もいけるんだな、という発見。
鑑賞日:10月12日 監督:黒沢清
デッドコースター/ファイナル・デスティネーション2 [DVD]デッドコースター/ファイナル・デスティネーション2 [DVD]
午後ロー録画鑑賞。この作品の見所である酷い死に様が、いいとこでカットされてしまうのは地上波では仕方ないのかしら、と。シリーズの中では一番バランスがいい(ストーリー、テンポ、死に方)ので好き。ラストのバカバカしさもいい。
鑑賞日:10月11日 監督:デイヴィッド・エリス
サンセット大通り [DVD]サンセット大通り [DVD]
素晴らしかった!掛け値なしの傑作!過去の栄光に縋る無声映画時代の大女優ノーマ・デズモンドがハリウッド映画界への再起を企む悲喜劇。サスペンスやホラー、コメディといったジャンル映画の型を取り込みながら、ノーマの孤独、愛、エゴ、妄執を際立たせる脚本の巧みさ。何より、ノーマを演じたグロリア・スワンソンの形相の凄さったら。ビリー・ワイルダーは人間のグロテスクさをとことん描きながら、決して品位を失わないところが素晴らしい。いやあ、プロの映画だなあ。
鑑賞日:10月11日 監督:ビリー・ワイルダー
フレンチ・コネクション [DVD]フレンチ・コネクション [DVD]
午後ロー録画鑑賞。仕事後の夜中に観たせいでかうとうと朦朧としながら観てしまったので、またあらためて観直したい。フェルナンド・レイが出てくると、なんかいやらしい雰囲気がしてニヤッとしてしまう。
鑑賞日:10月11日 監督:ウィリアム・フリードキン
セッション コレクターズ・エディション[2枚組] [DVD]セッション コレクターズ・エディション[2枚組] [DVD]
劇場鑑賞を果たせず、ようやくDVD鑑賞。名門音楽院の一流バンドに加入した新入生アンドリューが、バンドを指揮する教授フレッチャーに徹底的にしごかれる音楽ど根性ドラマ。なんだけど、ほとんど全編この2人のやり取りに割かれていて、ゲイムード濃厚。フレッチャーの仕打ちはほとんどサイコの域なのに、それにめげずにやり返すアンドリューは天性のマゾかしら?と。ストイックさってどことなくエロいなあ。
鑑賞日:10月07日 監督:デイミアン・チャゼル
不意打ち [DVD]不意打ち [DVD]
TSUTAYA発掘良品で。いかにも50年代的なアメリカンウェイ・オブ・ライフを満喫する中年女性が、自宅のエレベーターに閉じ込められて目の当たりにする現実のおぞましさ。女性は助けを求めるが、近所の住人や警察官ですらはじめは全く気がつかない、というか無関心。この作品の不愉快さ、というか怒りの矛先は、略奪や殺人行為を行う侵入者にはなく、自分こそはまともで幸福な人間の代表であるという顔をした人たちに向けられている。いかに彼らが偽善と虚飾に塗れているかを白日のもとに曝す。当時にしてはかなりえげつなかったろうな。
鑑賞日:10月06日 監督:ウォルター・E・グローマン
ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]
鑑賞日:10月04日 監督:エドガー・ライト
スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団 [DVD]スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団 [DVD]
鑑賞日:10月04日 監督:エドガー・ライト
裸のジャングル [DVD]裸のジャングル [DVD]
面白かった。人間狩りの獲物役を課せられたコーネル・ワイルドがひたすら逃げるだけの生き残りを賭けたサスペンス。広大なアフリカの大地を追う者と追われる者がただただ走る。パーカッションの音楽と相俟って観ているうちに軽くトランス状態になる。飢えと渇きに苦しみながらも追っ手を次々と殺し逃げ続けるコーネル・ワイルドの逞しさ。時折挟まれる弱肉強食の動物ドキュメンタリーが、死を日常世界の取るに足りないことのように感じさせる。殺伐としすぎない、シンプルで乾いたタッチが魅力。
鑑賞日:10月04日 監督:コーネル・ワイルド
パロアルト・ストーリー [DVD]パロアルト・ストーリー [DVD]
コッポラ家より新たな刺客。ガーリーな雰囲気はソフィア・コッポラに近い(女子サッカー部の部員が皆生意気でかわいい)。よく言えば、ティーンの漠然とした不安や焦り、ほのかな希望、不器用に他人(≒愛)を求めるとこなどを確固とした詩情で切り取れてるけど、意地悪なことを言えば、なんか既視感があるし、突っ込みが甘いような気がする。でも若手俳優のフレッシュさをうまく捉えてるし、編集の潔さ(変なためがないという意味で)は気持ちいい。この作風だとソフィア・コッポラとの比較を免れないから、今後どう独自の色を出してくかだな、と。
鑑賞日:10月03日 監督:ジア・コッポラ
ファイナル・デスティネーション 特別版 [DVD]ファイナル・デスティネーション 特別版 [DVD]
このシリーズ好きなんだよね。ちょっとひねったスラッシャーもの(殺人鬼は出てこない)としてアイデアはいい。回を重ねる毎に、どれくらい悲惨な死に方をするかだけがポイント=見所の残酷ショーになっていくのも含めて好き。本作にはまだ謎解きの面白さがあるので、そこそこ作品として見られる。個人的には、せっかく高校生を主人公にしてるので、もう少し学園ものテイストが感じられたらよいのに、と。
鑑賞日:10月01日 監督:ジェームズ・ウォン

鑑賞メーター