船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

初めてタイ料理屋に行って、念願のトムヤムクンスープを食べました、という話

タイ料理屋に初めて行きまして。

ちゃんとしたタイ料理屋という店でタイ料理を食べるのは初めて、ということです。

少し前のエントリでちらと書いたのですが、インスタントでないトムヤムクンスープを食べたい、というのが目的でした。

いや、まあ、ほんとは大学時代のサークルの後輩と会うのが目的だったのですけども、ついでにトムヤムクンスープを食べるという願望を叶えるべく、会う場所をタイ料理屋へ誘導したのです。

 

お店は御茶ノ水にある「サイアム セラドン」。

ぼくがランチのお弁当でよくお世話になっている店です。

tabelog.com

 

とりあえずシンハービールで乾杯。

飲みやすいですね。あんまり癖がなくて。割と好きです。

前菜で生春巻きと揚げたエビの入ったサラダみたいなのを頼みました。

おいしい。

後者のサラダは、ぼくにはさっぱりわかりませんが、いろいろと香草っぽいのが入っていて独特の辛さがあります。

 

 

前菜が片付いたところでトムヤムクンスープを頼みます。

それとなんか肉っぽいの、ということでイサーンソーセージというのもオーダー。

2人掛けのテーブルなので、2皿くらいしか乗らない。

スタッフはタイの方なのでしょうか、やや日本語がたどたどしい。

「イサーンソーセージ」と頼んだら、「それ何ですか?」みたいな顔をされたので、あ、なんか発音おかしかったかな?とこちらが不安になってしまう一幕も。

 

 

イサーンソーセージってなんだろうね、って一緒に食事してた後輩と言っていたのですが、彼が調べてくれたところ、なんでもモチ米と豚肉を混ぜたソーセージらしいです。

イサーン(またはイーサーン)料理という、タイの東北部を中心とした、またちょっとタイ料理とは趣を異にした料理みたいですね。

 

 

さて念願のトムヤムクンスープですが、おいしかったです。

思ってたよりさっぱりした感じ。

それほど酸味もきつくなかった。

お店によって多分特色があるのでしょう。

非常に失礼な話ではあるけども、ぼくは正直カップヌードルトムヤムクン味の方が好みです。

味としてわかりやすいのかな?

 

締めにパッタイを食べました。

これもおいしかったです。

感想が一律に「おいしい」ばかりで、なんかかえって味気ないですが、ちゃんとしたタイ料理を食べたのが初めてなので、比較対象もないし、表現のしようがわからないんです。

タイ料理屋に行ったら食べるべき料理というのもわからない。

なんかどの料理にもエビが入ってたな、というのがタイ料理素人2人の感想です。

たまたまエビが入ってるものばかり頼んでしまったのかもしれない。

 

 

まあ、今後タイ料理を食べる時に、この店の味がぼくの指標になるはずです。

ビールは2人とも2本飲んで、お会計は7000円ちょっとでした。

まずまず満足。