読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

「丸源ラーメン 北習志野店」で肉そばを食べました、という話

食べ物

津田沼と松戸を結ぶ新京成線では「新京成ラーメンスタンプラリー」という企画が10/16から行われています。

新京成線を使って、駅最寄りの企画に参加しているラーメン屋でラーメンを食べ、スタンプを集めると景品が当たります、という企画です。

もう第7弾ということですから、けっこうな人気企画なのだと思います。

 

 

先日、この企画に参加しているラーメン屋へ食べに行ってきました。

といっても新京成は使わずに車を使って行ったので、正式にこの企画に参加したわけではありません。

習志野にある「丸源ラーメン 北習志野店」です。

丸源ラーメン|熟成醤油ラーメン「肉そば」

 

 

ちょっと調べてみたら意外と全国にあるんですね。北は宮城から、南は愛媛まで。 100店舗ほど。

愛知県に多いのは、運営会社の物語コーポレーションの本社が愛知県だからでしょうか。

この会社は他にも焼肉やお好み焼きなどの外食を手がけています。

 

 

さて「丸源ラーメン」のオススメは肉そばということになっています。

ぼくは迷うことなくこれを注文。

うちの子は熟成醤油ラーメンを注文。いわゆるオーソドックスな醤油ラーメンといったとこでしょうか。

 

 

肉そばは、表面を覆う炒めた豚バラが特色。

肉からうまそうな脂がにじみ出ています。

この脂の膜がラーメンを覆っていて、割と食べ進んでも熱々の状態で味わうことができるのがよい。

豚肉は柔らかくておいしい。

決してうちでよく作るような、生ラーメンに肉野菜炒めを具材としてのっけました的なものではなく、ラーメンとの統一感があります。

柚子胡椒おろしがちょこんと乗っていて、これがまた爽やかなアクセントを加える。

一応お店の肉そばを食べる作法に則って、旨辛ラー油を投入したり、さらに最後は酢をかけ回してさっぱり味にしたりしましたが、別にコロコロ味を変えないでも十分最後までおいしくいただけます。

 

 

うちの子の頼んだ熟成醤油ラーメンのスープを何口かもらいましたが、こちらは見た目は濃色なのにあっさりとした、それでいてしっかり醤油スープの深みがあっておいしい。

こちらの方が大人向きだな、と思いました。

うちの子は割とこういうオーソドックスなラーメンを好んで食べます。

 

 

ところで新京成ラーメンスタンプラリーは、全店制覇するとゆでたまご氏直筆のラーメンマンどんぶりというのが当たるそうです。

景品は置いておくとして、どの店も比較的近場ですので、機会があれば他の店も行ってみたいもんです。

新着情報 新京成電鉄