読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

1990年代半ばの映画チラシを手持ちから紹介してみます

映画 日常

先日実家に帰った際に、1990年代半ば頃に集めていた映画チラシをストックしたファイルを持って帰ってきました。

最近映画チラシ集めが好きになったうちの子供にせがまれて、わざわざ実家の押入れの奥から引っ張りだしてきたのです。

思ってたよりもたくさんファイルがあり、とても全部は持ち帰れなかったので半分ほど(10冊くらい)持ってきました。

 

 

1990年代半ばというと、ちょうど僕の学生時代に当たり、まあそれなりに映画を観に行っていた頃です。

決してチラシ集めを趣味にしていたわけではないのですが、ミニシアターへ行くとやたら置いてあるチラシを見てはついつい手が伸びてしまっていたのです。

レストランバイキングでそんなに食べたくもないのに、何度もおかわりしてしまうような感じだったのかもしれないです。

コレクター資質のないぼくにしては、ちゃんとファイリングしてあるのは珍しい。

でも、ジャンル別に分けたりとかそういう細かな作業は一切していない。

 

 

持って帰ってきたものの、うちの子どもはあまり興味を示しませんでしたね。

知らない映画が多かったからかもしれません。

せっかくなのでぼくがパラパラと眺めてたのですが、やっぱり懐かしい。

そこで懐かしついでに、目にとまったチラシをいくつか紹介してみます。

 

 

1.イラスト系

https://instagram.com/p/-XhAfpKGpj/

懐かしチラシ「ディレンジド」#映画

https://instagram.com/p/-XiWlAqGsj/

懐かしチラシ「コーリャ愛のプラハ」#映画

「ディレンジド」は、「サイコ」「悪魔のいけにえ」にインスパイアを与えた猟奇殺人鬼エド・ゲインをモデルにした映画。

製作は1974年だけど、長らくカルト映画として語り継がれていて1995年に日本初公開されている。これは確か観に行ったはず。

「コーリャ愛のプラハ」は未見。

絵がかわいくていい。木や葉の描き方が好き。

 

 

2.アート系

https://instagram.com/p/-XirvzKGtQ/

懐かしチラシ「愛情万歳」#映画

https://instagram.com/p/-XjVBeKGuZ/

懐かしチラシ「百年の絶唱」#映画

https://instagram.com/p/-Xj0RqqGvL/

懐かしチラシ「ファーゴ」#映画

「愛情萬歳」は台湾のツァイ・ミンリャン監督作。

ツァイ・ミンリャンは好きな監督の一人ですが、なかでも「愛情萬歳」が一番かな。

主演のリー・カンションはいまだに男優でもっとも色気を感じる。

チラシのアートワークは横尾忠則というのも当時話題だった(はず)。

「百年の絶唱」は未見。

ちょっと「愛情萬歳」にも通じるようなデザインで、並べてみたくなった。

「ファーゴ」は同じショットを使った写真のデザインもあったけど、こっちのクロスステッチ風のデザインが好き。

コーヒーかなんかこぼして染みがついてるけど、それも意外と味になってるように見える。

 

3.写真系

https://instagram.com/p/-XhSl_qGqL/

懐かしチラシ「テロ2000年集中治療室」#映画

https://instagram.com/p/-XhirpKGqo/

懐かしチラシ「ドイツチェーンソー大量虐殺」#映画

https://instagram.com/p/-Xhyu3KGrS/

懐かしチラシ「トレインスポッティング」#映画

https://instagram.com/p/-XiFVcKGr4/

懐かしチラシ「クリーン・シェイブン」#映画

写真系というか映画内のショット流用系というか、でもその写真の切り取り方でかっこよく見せる。

「テロ2000年集中治療室」と「ドイツチェーンソー大量虐殺」はどちらもドイツの異端児クリストフ・シュリンゲンズィーフ監督作。

タイトルも不穏だけど、チラシのデザインもまたシンプルに殺伐としていてよい。

実際内容もかなり鬱なもの。どちらも観てるはずなんだけどあまり覚えていない。

ウド・キアーが出てるんだよね。

「アメリ」でヒットを飛ばす前のアルバトロスは、こういうきわどいモンドな作品をよく紹介していた。

トレインスポッティング」は90年代映画のアンセム。

「トレスポ」のポスターは、90年代オシャレ部屋のマストアイテムであった。

「クリーン、シェーブン」はまた観たいんだけど、なぜだか日本ではDVD化されてない。「ヘンリー」に迫る厭な映画。

監督のロッジ・ケリガンはこれがデビュー作で、エッジの鋭い才能を感じさせたものの、その後一切日本では監督作が公開されていない。ほかのも観たい。

このチラシもかなりかっこいい。白抜きのタイポグラフィとか。

 

 

4.エロス系

https://instagram.com/p/-XkBiJqGvm/

懐かしチラシ「真夜中のダンサー」#映画

https://instagram.com/p/-XkaxxKGgh/

懐かしチラシ「あこがれ美しく燃え」#映画

これはどちらも未見。

なんか気になるので。

 

 

以上でした。