読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

さようならモルツ、ようこそザ・モルツ

日常
サントリーのモルツを愛飲していましたが、すでにご承知のように今年9月味とデザインが一新され、モルツはザ・モルツに生まれ変わりました。
「ザ」が頭につくと、どこか特別な一品という感じがします。
なぜかぼくは、「ザ・スペシャルズ」とか「ザ・スカタライツ」とかスカバンドの名前が思い浮かびます。
どうでもよいですが。
必然的にぼくの晩酌ビールもモルツからザ・モルツへと移行しました。


ぼくはキリン一番搾りアサヒスーパードライはあまり好きではありません。
日本のビールはのどごしやキレを重視して、キンキンに冷えたのをゴクゴク飲み干して、プハーッとやるのがいい、みたいな感じですが、そういう気持ちよさもわかりますが、いまいちぼくはその価値観を共有できません。
だからそういう飲み方を前提としてるような一番搾りスーパードライはそれほど好きでない。
ぼくはちびちび飲むので、ぬるくてもおいしい、味のあるビールが好きです。
サントリーのビールは割とそういう志向だと思います。


プレミアムモルツは甘くて飲めない、と職場の先輩が言っていましたが、心の中でぼくは「そこがいいんじゃない」と思いました。
まあ、そこまで甘いかな?という気もしますが。


ザ・モルツは初めちょっと違和感があったんですね。
よそよそしい感じ。
まずくはなかったんですけど、モルツに慣れ親しんでいたせいか、そんなにすぐに心変わりしちゃ悪いな、という気持ちがあったのかもしれません。
でも、3、4本飲んだら、もうすっかり慣れました。
今ではモルツよりおいしいなとすら思います。尻が軽いもんです。
ザ・モルツの方が泡もクリーミーな感じがしますし、売りにしている「旨味」もなんとなくわかります。
喉に流し込んだ後にも口の中に味わいが残るような感じ。
慣れてしまうとデザインもひいき目に見てしまいます。
銅をイメージした色が高級感と温かみとをうまく表現しているなあ、と。


うちに残っていたモルツもついに飲みきってしまいました。
さようならモルツ、ようこそザ・モルツ。

https://instagram.com/p/9q60NqKGgG/

晩酌ザ・モルツ