船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

「M-1グランプリ2015」雑感

5年振りに復活した漫才頂上決戦「M-1グランプリ2015」を観ました。

5年間のブランクがあったということで、今年は出場制限が以前のコンビ結成10年以内から15年以内に延長。

決勝戦に残った8組のコンビは、結成3年目から15年目まで、ほとんど世間的には無名のコンビからすでにテレビのバラエティ番組でよく見かけるコンビまで多彩な顔ぶれ。

事前の期待値はけっこう高かったです。

以下、出場順に感想をつづります。

www.m-1gp.com

 

1.メイプル超合金

初見。ビジュアルのインパクトでは今大会のファイナリスト中No. 1。

犬を飼いたいという話をツッコミ安藤なつの仕切りで進めるが、ボケのカズレーザーがフリースタイルにはぐらかしていく。

カズレーザーのちゃらんぽらんな感じ(ネタの途中にコンビニ行くとか、噛んでも動じないとか)が面白いんだけども、ツッコミがストレートすぎてボケのユニークさをまだ生かしきれてない気がします。

安藤なつもかなり強烈なキャラの持ち主なので普通のツッコミだけではもったいない。

のびしろを感じるのでまた来年見たい、と思いました。


2.馬鹿よ貴方は

去年「THE MANZAI」の決勝に残って異彩を放ったコンビ。

独特の間と脱構築ネタが持ち味。

おにぎり屋をやりたいと持ちかけるツッコミの新道竜巳に、ボケの平井"ファラオ"光がまったく応じようとしない。

一応乗っかったりもするが、漫才のお約束をことごとく小馬鹿にする。

つまりネタを成立させないところで笑いを取りに来るメタ漫才。

こういうのが好物なので、個人的には肩入れしたくなる。

じわじわと癖になるタイプの笑いなので、M-1で優勝に絡んでくるとは思えないけど、是非この道で突き進んでほしいなあ。


3.スーパーマラドーナ

2組ちょっと異端なコンビが続いて、ここにきてようやく正統派な漫才。

コンパで知り合った女の子の部屋へ行って落ち武者の霊を見たというネタ。

冒頭のふりを最後きちんと回収して笑いを重ねてくるところが気持ちいい。

ツッコミも的確で安心感がある。

ただボケの田中一彦が延々ひとり芝居をしてるネタだったので、もう一本、きちんと2人が掛け合ってるスタイルの漫才も見てみたかった。


4.和牛

結婚式を抜け出して元彼に愛を告白するロマンスをこき下ろすネタ。

う〜ん、ぼくは苦手。

世間的な価値観では「よい」「美しい」とされていることにメスを入れるというネタは決して嫌いじゃないけれど、そのこき下ろし方がどこか正論っぽい色調を帯びると、なんか引いてしまう。

漫才とかコントに、「確かにそうだよね」「いるいるこういう奴」みたいな共感をぼくは求めないので、この手のネタには辛くなってしまう。

(敗者復活戦で囲碁将棋がやっていたチアリーディングのネタや、かまいたち福山雅治の結婚に嘆く女性をやり玉にしたネタも同様に苦手)



5.ジャルジャル

ファーストラウンドのトップ通過。

ジャルジャルもどちらかというと漫才らしくない漫才をやる異端のコンビ。

お互いにお互いの言い回しの揚げ足取りで進める脱構築ネタ。

センスはものすごいあるのに、ちょっとスマートすぎて損してる気がする。

ファイナルラウンドは一本目と同じ構成のネタで、やっぱりここはまったく別のネタを見たかったところ。

2本目も面白かったんですけどね。

でも素直に好き、と言えないなにかがあるんだよなあ。



6.銀シャリ

待ってました、とばかりの正統派漫才。

M-1」が望む漫才はおそらくこういう漫才のはず。

ボケのわかりやすさ、ツッコミの語彙の豊かさ、イメージのさらなる喚起力、スピード感、アクションのはさみ方など、完成度が高い。

もう、銀シャリ優勝かな、とこの時点で思ってしまったくらい。

ファーストラウンドでの点数は思ってたほど伸びなかったけど、順当にファイナルラウンドに進む。

2本目のネタも申し分なし。

優勝できなかったのは、運(巡り合わせ)が悪かったとしか思えない。残念。



7.ハライチ

ボケの澤部のノリボケだけが見所かと思ってたけど、意外にもベタに誘拐犯をネタにしたしっかりした構成の中に得意のノリボケを入れ込んできて、漫才らしい感じは出ていた。

だけども正直ネタとしてはこれといって新鮮味がなく、地味な印象。



8.タイムマシーン3号

自虐的な身体・見た目ネタだけで延々引っ張るネタって本来なら好きではない。

デブとかハゲとかブサイクとかをひたすらいじり倒すネタのことです。

彼らもボケの関太のデブネタがどうやら十八番のようで、あまり期待してなかったのですが、スピード感のある展開と後半にツッコミの山本浩司がボケに乗っかるひねりが効いてなかなか面白かったです。



敗者復活.トレンディエンジェル

今回の優勝者。

とにかく勢いがありました。

敗者復活戦、そこから勝ち上がってのファーストラウンドのトリを飾る1本目、ファイナルラウンドの2本目とぐんぐんと勢いをつけていった感じ。

タイムマシーン3号と同じ自虐的な身体ネタを得意としているコンビで、どちらかというとぼくは好きなタイプのコンビではありません。

正統派でも異端でもない、ぼくはこういうコンビは色物と思っています。

でも昨年「THE MANZAI」でいいところまで食い込んだのが自信に繋がったのか、「俺たちは俺たちのスタイルで行く」という漢気が感じられました。

少なくともそのように見受けられました。

スピーディーなんだけど時々聞き取りづらいし、ギャグ自体も幼稚で、あんまり好きな要素はないんだけど、その漢気に持ってかれた感じですかね。

こういう勢いを得て、会場の空気をがっつり持って行ってしまうと強いですね。

どんなに銀シャリがしっかりした漫才を演じても勝てない。



最後に

という感じで、いつものように好き勝手に感想書きました。

審査員は今回過去の「M-1」チャンピオンが務めていました。皆さん結構辛めだなとは思いました。

同期だったり、歳の近い後輩だったりしたので、変に甘やかさず叱咤するつもりで辛めにつけたのかな、という気がしました。

久し振りの「M-1グランプリ」でしたが、いろんなタイプのコンビが見られて、ぼくは素直に楽しかったです。

審査員の点数もほぼ異論なし。

トレンディエンジェルは来年さらに飛躍するのだろうか?



最後に敗者復活戦に出ていたコンビで、面白かったコンビを備忘録的に記しておきます。

チーモンチョーチュウ。ぼくはこのコンビが敗者復活で勝ち上がるかと思ってました。

笑撃戦隊。好物の脱構築メタ漫才。

とろサーモンチーモンチョーチュウでなければ、彼らが敗者復活勝ち抜けるかなと思いました。

東京ダイナマイト。これも好物のメタ漫才。今回のネタはそれでも割と漫才ぽかった。



以上現場からでした。