船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

気まぐれつけ麺メモ⑤〜京成船橋 無限大

先週金曜、終電に間に合わないことが決定的でしたので、いっそ清々しく船橋でつけ麺でも食べて帰ることにしました。
といっても、深夜0時を回っても営業しているラーメン屋はそう多くない。
この「気まぐれつけ麺メモ」の1回目で取り上げた「三代目まるは極」が開いているのは知っていましたが、できれば別の店と思い検索してみると、京成船橋駅から南へ2、3分ほどの路地を入ったところにある「無限大」というお店がまだ開いていそうだとわかりました。
忘年会帰りのサラリーマンらがフラフラと歩く脇を足早に抜けて行ってみました。


カウンターのみ10席ほどのこじんまりとしたお店ですが、それほど狭苦しい感じではないです。
学生らしきお客が3、4人。店員は3人、どうも皆中国系の方のようでした。
ラーメンのメニューも充実してました。二郎系というんですかね、最近覚えたのですが、野菜がこんもり盛られたようなラーメンでしたね、写真を見る限り。
ぼくはラーメンには目をくれずつけ麺にしました。
食券機で券を購入。並盛り250gで730円。
買った後に気付いたのですが、つけ麺は「ゆず」「かつお」「背脂」の3種類ありました。
ぼくはよく確認もせずゆずを注文。
券を店員に手渡した時に、温かいの冷たいの?と訊ねられ、つい「温かいので」と答えてしまいました。
最近、冷たい方が麺をしっかり味わえるということに気付いて、なるべく冷たい麺にしてたのですが。
残業で疲れていたせいかもしれません。



普通のラーメンが茹で時間に3〜5分、つけ麺は10分と店内に貼り紙してありました。
実際やはりそれくらいかかりました。
麺は極太のやや縮れた感じ。ボリュームがあります。
麺の上には大きめのチャーシューが一枚のっています。
つけ汁の器をカウンター越しに受け取ると、熱々で期待が高まります。
つけ汁は脂とゆずの皮がキラキラと輝くサラッとしたタイプ。深い飴色が食欲をそそります。
盛り付けは美しい。
サラッとしたタイプのつけ汁だとあまり麺にからまないかな?と思ったんですけど、結構しっかり味のつけ汁でしたので杞憂でした。
ゆずが甘く爽やかでよいアクセント。
とてもおいしかったですね。
ただ、麺はやっぱり冷たいので食べればよかったな、と思いました。ちょっと柔らかいかな、という感じでした。

ラーメン無限大 船橋店

食べログラーメン無限大 船橋店