読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

船橋リズムセンター

「野に在って野に下らず、俗に在って俗に流されず」。こだわりなし、怒りなし、浅く、ぶれつつ、無着陸、、、

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を観ました!

話題の「スター・ウォーズ」新作、episodeⅦを観てきました。

詳細な解説、熱量の高い感想、その他さまざまな意見がすでに巷には溢れていることかと思います。



サーガの「サ」の字も知らない

ぼくは実は「スター・ウォーズ」シリーズをまともに観たことがないので、サーガの「サ」の字も知らない人間が「フォースの覚醒」をどんな風に観たか、という感想を綴ってみたいと思います。

 

 

鑑賞後の率直な感想は、「面白かった」です。

「すごい面白かった」と言ってもよいくらいでしたが、サーガを把握していない身としては、そこまで言い切るのが躊躇われます。

 


 脚本とキャラクターが魅力的

最後のジェダイの戦士ルーク・スカイウォーカーの居場所を示した地図を巡って、悩めるストームトルーパー=フィン、ガラクタ集めで生計を立てる少女=レイを巻き込みながら、帝国軍の流れをくむファーストオーダーとレジスタンスとの戦いへなだれ込んでいく脚本の転がし方がとにかく素晴らしい。

ぼくのように「スター・ウォーズ」シリーズ未見でもなんの違和感もなく物語世界にすんなり入っていけます。

ご都合主義的な部分もありますが、一時たりとも飽きさせない、というエンタメの王道を行くものとして理解できます。



新たなキャラクターであるフィン、レイ、レジスタンスの腕利きパイロットポー・ダメロンなど皆、真っ直ぐな心の持ち主なので、少年マンガのように気持ちがいいです。

ダース・ベイダーの意志を継ぐ悪役カイロ・レンは、絶対悪の存在というのでなく、ダース・ベイダーに憧れる修行中の悪役という設定で葛藤を抱えているというのも面白い。

episodeⅠ~Ⅲの主要キャラであるハン・ソロやレイア、そしてルークも登場し、それぞれに見合った見せ場が用意されています。

キャラは総じて魅力的だし、ファンへの目配せも行き届いているなあ、と感じました。

 

 

家族の物語

物語の核は家族、血(縁)であり、本作「フォースの覚醒」は、ばらばらだった家族が運命に導かれて次第にひとつになっていくというのを予感させる作品になっています。

勿論そう簡単に皆が理解しあって大団円に向かうとは思えませんし、本作でもすでに悲劇が描かれています。

次作はこの悲劇の面がさらに深くなるんじゃないかと推測できます。

そうして最終作episodeⅨでその悲劇を乗り越えるカタルシスが待っているのではないか、と。

まあ、こういう推測はあまりするべきではないかもしれないですね。

 

 

文化系なキャスティング

脚本の面白さ、キャラクターの魅力で充分物語にグッと引き込まれるのですが、キャスティングもまた素晴らしいです。

悩めるストームトルーパー、フィンを演じるのは「アタック・ザ・ブロック」で不良少年グループのリーダーとしてゴリラエイリアンと戦ったジョン・ボイエガ。

一兵士であるサブキャラに人格を与えた脚本もさることながら、きちんと一兵士の葛藤を真っ直ぐに、時にコミカルに体現してみせたボイエガ君(と呼びたくなる)は、旧シリーズのハン・ソロ役回りを受け継いだように見えます。

彼のこのシリーズでの成長が楽しみです。

フィン同様内面に葛藤を抱えるカイロ・レンを演じるのはアダム・ドライバー。悪役にしては線が細い感じなのが今時なのか、面白いキャスティング

どことなくグレて引きこもったアダルトチルドレン的な雰囲気です。

主役のレイを演じた新人のデイジー・リドリーも芯のある眼差しが気持ちいいです。

厳しいオーディションの中から選ばれただけあってしなやかさ、したたかさ、可憐さを併せ持った期待の女優です。

ナタリー・ポートマンキーラ・ナイトレイの若いころの輝きに通じるものがあります。

他にもファースト・オーダーの将軍を演じたドーナル・グリーソンやポー・ダメロンを演じたオスカー・アイザックも意外なキャスティングなように見えて、なかなかよかったです。

総じてマッチョな俳優は少なく(というか、いない)文化系な俳優が多くキャスティングされてる感じ。あと英国系も多い。

アダム・ドライバー、ドーナル・グリーソン、デイジー・リドリーで三角関係になるラブコメものとか全然ありな感じです。

 

 

4DX初体験

今回は3D4DX日本語吹替え版で鑑賞しました。

実は4DXは初体験。

結構揺れますね。さすがにくたびれました。もうちょっと落ち着いて観たいな、というのが正直なところです。

東京ディズニーランドの旧スターツアーズのように完全に乗組員の一員として一人称で体感するものではなく、シーンに応じてそのシーンの雰囲気を体感させる演出なので一貫性が感じられません。なんとなく「なぜ今ここで揺れる?」というのがあったりするんですよね。

ブラスターの撃ち合いが始まるとシートのヘッド部分あたりからエアー?が吹き出して、プシュプシュと頭に当たるのがなんかヘッドスパみたいな感じで気持ちよかったです。



なるほどこれが「スター・ウォーズ」の魅力か

https://www.instagram.com/p/_vRSczqGkV/

初#4DX #映画

https://www.instagram.com/p/_vRfeYKGky/

これから#映画 #スターウォーズ #4DX


他にも美術のディテールの素晴らしさとか、VFX技術、新ドロイドBB8の可愛らしさとかいろんな切り口で語ることができるのでしょうが、これこそが「スター・ウォーズ」の魅力なんだと、今更気が付きました。

2015年最後の劇場鑑賞にふさわしいエンタメ作品でした。

starwars.disney.co.jp